ECM 1598 Keller Quartet ‘György Kurtág: Music for String Instruments’ (1996)

・Review めちゃくちゃかっこいい。なんだこれは。高音の抜き差しと低音の入り方。不協和音の美しさ。普通の音楽に、飽きたらどうぞこちらの世界へ。 ・Catalogue ECM 1598 Keller Quartet &続きを読む “ECM 1598 Keller Quartet ‘György Kurtág: Music for String Instruments’ (1996)”

ECM 1819/20 András Schiff, Miklós Perényi ‘Ludwig van Beethoven: Complete Music For Piano And Violoncello’ (2004)

・Review András Schiff(アンドラーシュ・シフ)のピアノと極上のチェロ。最強タッグによるベートーヴェンのピアノとチェロの為の曲。 この一枚のアルバムで、初期、中期、後期のベートーヴェンをかいまみることが続きを読む “ECM 1819/20 András Schiff, Miklós Perényi ‘Ludwig van Beethoven: Complete Music For Piano And Violoncello’ (2004)”

ECM 2453 Danish String Quartet ‘Thomas Adès / Per Nørgård / Hans Abrahamsen’ (2016)

The Danish String QuartetのECM Records (ECM レコード)デビューアルバム 以下、デンマークとイギリスの作曲家のプログラムを演奏している。 Thomas Adès’s Arcadia続きを読む “ECM 2453 Danish String Quartet ‘Thomas Adès / Per Nørgård / Hans Abrahamsen’ (2016)”

ECM 2157 Garth Knox, Agnès Vesterman , Sylvain Lemêtre ‘Saltarello’ (2012)

・Review 1956年生まれ、アイルランドはダブリン出身のヴィオラ奏者Garth Knox。クラシック音楽は昔ダンスミュージック出会ったことを想起させるかのような作品。しかし取り扱う作曲家の幅広さはなんだろう。 イギ続きを読む “ECM 2157 Garth Knox, Agnès Vesterman , Sylvain Lemêtre ‘Saltarello’ (2012)”

ECM 2155 Dino Saluzzi, Anja Lechner, Metropole Orkest, Jules Buckley ‘El Encuentro’ (2010)

・Review Dino Saluzzi (ディノ・サルージ)がBandoneonによって開いた新境地。新たな表現に突入している。オーケストラを従えたことでスケール感がアップし、つまり大きく西洋に寄せている。デュオでも共続きを読む “ECM 2155 Dino Saluzzi, Anja Lechner, Metropole Orkest, Jules Buckley ‘El Encuentro’ (2010)”

ECM 1885 Eleni Karaindrou ‘The Weeping Meadow’ Film By Theo Angelopoulos (2004)

・Review 私はこの映画を20代になった頃、確かに観ている。 下高井戸あたりのシネマだった。それがアンゲロプロスとの初めての邂逅だ。 なぜ観に行ったか、そのきっかけは覚えていない。 ただ一人の女性の翻弄された人生を軸続きを読む “ECM 1885 Eleni Karaindrou ‘The Weeping Meadow’ Film By Theo Angelopoulos (2004)”

ECM 1570 Eleni Karaindrou, Kim Kashkashian Ulysses’ Gaze Film By Theo Angelopoulos (1995)

・Review Eleni Karaindrouのストイシズムを感じさせる作曲がとても好きだ。 強い意志すら感じさせる繊細でいて、力強い曲。 これらのポテンシャルをKim KashkashianがViolaで表現するのだ続きを読む “ECM 1570 Eleni Karaindrou, Kim Kashkashian Ulysses’ Gaze Film By Theo Angelopoulos (1995)”

ECM 2449 Trygve Seim, Tora Augestad, Frode Haltli, Svante Henryson ‘Rumi Songs’ (2016)

・Review 美しい歌声に寄り添う繊細な響きを持った楽器達、多様な楽器がそうさせるのか、どこかジャズを超えた民族的な音になっている。 とっつきやすさらピカイチ。ストイックというよりはより音楽的に楽しめる一枚。間口の広さ続きを読む “ECM 2449 Trygve Seim, Tora Augestad, Frode Haltli, Svante Henryson ‘Rumi Songs’ (2016)”

ECM 1692 Eleni Karaindrou ‘Eternity and a Day’ (1998)

・Review Angelopoulos監督作品のスコア。Eleni Karaindrou自身もピアノで参加している。 本来であれば、映画の作品もあわせて観たいところだが、今回は音楽だけ。(あぁ、観たい…) 続きを読む “ECM 1692 Eleni Karaindrou ‘Eternity and a Day’ (1998)”

ECM 2042 Jon Balke, Amina Alaoui, Jon Hassell, Kheir Eddine M’Kachiche, Bjarte Eike ‘Siwan’ (2009)

・Review 伝統的音楽を下地にし、洋の東西、様々な要素を1つミックスし、磨き、調和させた音楽世界。クレジットにはJon Balkeが指揮も担当している。 ・Catalogue ECM 2042 Jon Balke, 続きを読む “ECM 2042 Jon Balke, Amina Alaoui, Jon Hassell, Kheir Eddine M’Kachiche, Bjarte Eike ‘Siwan’ (2009)”

ECM 1378 Heinz Reber, Thomas Demenga, Terje Rypdal, Jon Christensen, Tschin Zhang, Ellen Horn ‘Mnaomai, Mnomai’ (1992)

・Review 不協和音の中で語られる中国語の語りがある1曲目。 バイオンリンが一定のリズムを刻み、ドラムが暴れる2曲目。 ストリングスが様々な音色で飛び交う3曲目。 不協和音の中で、中国語の語られ、ドラムが暴れ、ストリ続きを読む “ECM 1378 Heinz Reber, Thomas Demenga, Terje Rypdal, Jon Christensen, Tschin Zhang, Ellen Horn ‘Mnaomai, Mnomai’ (1992)”