ECM 2118 Christian Wallumrød Ensemble ‘Fabula Suite Lugano’ (2009)

・Review Christian Wallumrødの音楽を捉えるには毎回、幾度とないリスニングが必要となる。音楽的なチャレンジが多く、変化そのものが彼であるかのようなストイックなアーティスト。聴き手の審美的な判断が常続きを読む “ECM 2118 Christian Wallumrød Ensemble ‘Fabula Suite Lugano’ (2009)”

ECM 2441 John Potter, Anna Maria Friman, Ariel Abramovich, Jacob Heringman ‘Amores Pasados’ (2015)

・Review 異色の音源。 ヴォーカル2本、リュート2本の構成。 新しい響きを提供してくれる。 民族音楽と古典音楽と宗教音楽を内包したちょっと聴いたことのない音楽。 こうした提案をしてくれることもECM Records続きを読む “ECM 2441 John Potter, Anna Maria Friman, Ariel Abramovich, Jacob Heringman ‘Amores Pasados’ (2015)”

ECM 2416 Trio Mediaeval ‘Aquilonis’ (2014)

・Review New series。スカンジナビアン出身の女性3人組、コーラスグループ。トラジショナルを中心に据えながら、最後にWilliam Brooksを持ってくるあたりに好感がもてる。ECMではビリヤードアンサン続きを読む “ECM 2416 Trio Mediaeval ‘Aquilonis’ (2014)”

ECM 2289 Christian Wallumrød Ensemble ‘Outstairs’ (2013)

・Review アルバムを再生すると飛び込んでくる最高にダウナーで、かっこいいバッキングピアノ。 私は大好きだが、Christian Wallumrødの音は扱いかねる人が多いのではないか。 いわば、通好み。平たくいうと続きを読む “ECM 2289 Christian Wallumrød Ensemble ‘Outstairs’ (2013)”

ECM 2005 Christian Wallumrød Ensemble ‘The Zoo Is Far (2007)

・Review ノルウェー出身のピアニスト兼作曲家であるChristian Wallumrødの作品。ハープ奏者で以前取り上げたこともあるGiovanna Pessiや同郷のトランペッターArve Henriksenも参続きを読む “ECM 2005 Christian Wallumrød Ensemble ‘The Zoo Is Far (2007)”