ECM 1510 Kim Kashkashian, Dennis Russell Davies, The Hilliard Ensemble, Stuttgarter Kammerorchester ‘Giya Kancheli: Abii Ne Viderem’ (1995)

・Review どの曲も大作。一番刺さったのが、アルバムのタイトルにもなっている2曲目のABII NE VIDEREM。繊細さとダイナミクスがないまぜになって進む大作である。演奏陣もほぼ最強と言っていい。Giya Kan続きを読む “ECM 1510 Kim Kashkashian, Dennis Russell Davies, The Hilliard Ensemble, Stuttgarter Kammerorchester ‘Giya Kancheli: Abii Ne Viderem’ (1995)”

ECM 1798 Marek Konstantynowicz, Cikada Ensemble, Norwegian Radio Orchestra,Christian Eggen ‘Morton Feldman:The Viola In My Life’ (2008)

・Review アメリカ人作曲家Morton Feldman(1926 – 1987)の作品。作品そのものは1970年から71年にかけて作られた。私にとってのFeldmanは、「Rothko Chapel」だ続きを読む “ECM 1798 Marek Konstantynowicz, Cikada Ensemble, Norwegian Radio Orchestra,Christian Eggen ‘Morton Feldman:The Viola In My Life’ (2008)”

ECM 2463 Pat Metheny, Jan Garbarek, Gary Burton, Scott Colley, Danny Gottlieb, Paul McCandless, Michael Gibbs, Helge Sunde, SWR Big Band ‘Hommage À Eberhard Weber’ (2015)

・Review 2015年に行われたベーシストEberhard Weberの75歳の誕生日を記念して行われたスペシャルコンサートの音源。参加者は錚々たるメンツである。Eberhard Weberその人を始め、Pat Me続きを読む “ECM 2463 Pat Metheny, Jan Garbarek, Gary Burton, Scott Colley, Danny Gottlieb, Paul McCandless, Michael Gibbs, Helge Sunde, SWR Big Band ‘Hommage À Eberhard Weber’ (2015)”

ECM 2466 Vox Clamantis ‘Arvo Pärt: The Deer’s Cry’ (2016)

・Review Vox Clamantisは、エストニアのヴォーカルグループ。Arvo Pärt (アルヴォ•ペルト)の音楽の特徴はその静謐さにある。しかしその静謐さはどこから来るのか。 音が少なければ、静謐か? 否であ続きを読む “ECM 2466 Vox Clamantis ‘Arvo Pärt: The Deer’s Cry’ (2016)”

ECM 1963 Frances-Marie Uitti, Münchener Kammerorchester, Christoph Poppen ‘Giacinto Scelsi: Natura Renovatur’ (2006)

・Review Giacinto Scelsi(1905-1988)はイタリア人作曲家。Jean Cocteau (ジャン・コクトー)やVirginia Woolf (ヴォージニア・ウルフ)と言った知識人、作家とも交流が続きを読む “ECM 1963 Frances-Marie Uitti, Münchener Kammerorchester, Christoph Poppen ‘Giacinto Scelsi: Natura Renovatur’ (2006)”

ECM 2236 The Gurdjieff Folk Instruments Ensemble,Levon Eskenian ‘The Music of Georges I. Gurdjieff’ (2011)

・Review 作曲家Gurdjieff (1866 – 1949) の作品集。静かな、静謐さのある民族音楽。単音で奏でられることが多いからか、洗練されて響く独特の音階。 Armenian, Greek, Arabic,続きを読む “ECM 2236 The Gurdjieff Folk Instruments Ensemble,Levon Eskenian ‘The Music of Georges I. Gurdjieff’ (2011)”

ECM 2095 Alexander Liebreich, Münchener Kammerorchester ‘Toshio Hosokawa: Landscapes’ (2011)

・Review なんて繊細で、緊張感あふれる曲の始まりなんだろう。この音ってなんだろうと思ったら、Mayumi Miyataという日本人と思われる方が参加していた。おそらく彼女の笙(読み:しょう)によるモノだろう。 作曲続きを読む “ECM 2095 Alexander Liebreich, Münchener Kammerorchester ‘Toshio Hosokawa: Landscapes’ (2011)”

ECM 1592 The Hilliard Ensemble, Tönu Kaljuste, Tallinn Chamber Orchestra & Estonian Philharmonic Chamber Choir ‘Arvo Pärt : Litany’ (1996)

・Review 本作品の背景としては、第25回オレゴン・バッハ・フェスティバルから委託された作品。Arvo Pärt (アルヴォ•ペルト)の作品を取り扱っている。 Litanyとは連祷の意であり、例えば、司祭の一つ一つの続きを読む “ECM 1592 The Hilliard Ensemble, Tönu Kaljuste, Tallinn Chamber Orchestra & Estonian Philharmonic Chamber Choir ‘Arvo Pärt : Litany’ (1996)”

ECM 1688 Jocelyn B. Smith, David Moss, Junge Deutsche Philharmonie, Peter Rundel ‘Heiner Goebbels : Surrogate Cities’ (2010)

・Review Junge Deutsche Philharmonieの20周年並びにFrankfurt am Mainの1200周年を記念し、Heiner Goebbels(ハイナー・ゲッペルス)に委託された作品。 オ続きを読む “ECM 1688 Jocelyn B. Smith, David Moss, Junge Deutsche Philharmonie, Peter Rundel ‘Heiner Goebbels : Surrogate Cities’ (2010)”

ECM 2188 Dino Saluzzi, Gidon Kremer, Andrei Pushkarev ‘Giya Kancheli : Themes From The Songbook’ (2010)

・Review まず目につくのはこれまでのECM Records (ECM レコード)とはかなり毛色が異なるジャケットデザインであるということだ。 Giya Kancheli(ギヤ・カンチェリ)の75歳の誕生日に記念して続きを読む “ECM 2188 Dino Saluzzi, Gidon Kremer, Andrei Pushkarev ‘Giya Kancheli : Themes From The Songbook’ (2010)”

ECM 2378 Kim Kashkashian, Sarah Rothenberg, Steven Schick, Houston Chamber Choir, Robert Simpson ‘Morton Feldman / Erik Satie / John Cage’ (2015)

・Review Morton FeldmanのRothko Chapelはロシア人抽象画家Mark Rothkoのために作曲された。(自殺してしまったその画家の作品は圧巻で、川村美術館のRothko Roomで観ることが続きを読む “ECM 2378 Kim Kashkashian, Sarah Rothenberg, Steven Schick, Houston Chamber Choir, Robert Simpson ‘Morton Feldman / Erik Satie / John Cage’ (2015)”

ECM 2155 Dino Saluzzi, Anja Lechner, Metropole Orkest, Jules Buckley ‘El Encuentro’ (2010)

・Review Dino Saluzzi (ディノ・サルージ)がBandoneonによって開いた新境地。新たな表現に突入している。オーケストラを従えたことでスケール感がアップし、つまり大きく西洋に寄せている。デュオでも共続きを読む “ECM 2155 Dino Saluzzi, Anja Lechner, Metropole Orkest, Jules Buckley ‘El Encuentro’ (2010)”

ECM 1570 Eleni Karaindrou, Kim Kashkashian Ulysses’ Gaze Film By Theo Angelopoulos (1995)

・Review Eleni Karaindrouのストイシズムを感じさせる作曲がとても好きだ。 強い意志すら感じさせる繊細でいて、力強い曲。 これらのポテンシャルをKim KashkashianがViolaで表現するのだ続きを読む “ECM 1570 Eleni Karaindrou, Kim Kashkashian Ulysses’ Gaze Film By Theo Angelopoulos (1995)”

ECM 1988 Valentin Silvestrov, Alexei Lubimov, Münchener Kammerorchester, Christoph Poppen ‘Bagatellen Und Serenaden’ (2007)

・Review 1937年ウクライナ、キエフ生まれの現代音楽の作曲家Valentin Silvestrov(ヴァレンティン•シルヴェストロフ)の70歳の年に録音、リリースされた「作曲家の肖像画」と形容される作品。 ・Ca続きを読む “ECM 1988 Valentin Silvestrov, Alexei Lubimov, Münchener Kammerorchester, Christoph Poppen ‘Bagatellen Und Serenaden’ (2007)”

ECM 1215 Steve Reich and Musicians ‘Steve Reich : Tehillim’ (1982)

・Review 今年、Steve Reich本人が日本に来日する。巨匠もついに80歳。 そんなアニヴァーサリーを兼ねての公演だそうな。演目の一部がこちらのアルバム。 きっと最後になるんじゃないか(そうならなければないいな続きを読む “ECM 1215 Steve Reich and Musicians ‘Steve Reich : Tehillim’ (1982)”

ECM 1850/51 Kim Kashkashian, Leonidas Kavakos, Jan Garbarek,The Hilliard Ensemble, Münchener Kammerorchester, Christoph Poppe ‘Tigran Mansurian: Monodia’ (2004)

・Review 作曲家のTigran Mansurian(ティグラン・マンスリアン)の作品を豪勢なメンツで。 2枚組の大作。充実した音楽体験を提供してくれる。時間のある休日に浸りたい一枚。 ・Catalogue ECM 続きを読む “ECM 1850/51 Kim Kashkashian, Leonidas Kavakos, Jan Garbarek,The Hilliard Ensemble, Münchener Kammerorchester, Christoph Poppe ‘Tigran Mansurian: Monodia’ (2004)”

ECM 1505 Estonian Philharmonic Chamber Choir, Tallinn Chamber Orchestra, Tõnu Kaljuste ‘Arvo Pärt : Te Deum’ (1993)

・Review Arvo Pärt (アルヴォ•ペルト)の1993年の作品。表題曲 「Te Duem」の明るさを内包した温かな軽やかさは、もはや救いだ。 「Berliner Messe – 1. Kyrie」続きを読む “ECM 1505 Estonian Philharmonic Chamber Choir, Tallinn Chamber Orchestra, Tõnu Kaljuste ‘Arvo Pärt : Te Deum’ (1993)”

ECM 1430 The Hilliard Ensemble, Orchester Der Beethovenhalle Bonn ‘Arvo Pärt : Miserere ‘ (1991)

・Review Arvo Pärt (アルヴォ•ペルト)の1991年の作品。5:49からの爆発的な熱い盛り上がりに涙がこみ上げてくる。 これが音楽の力。言葉を超越した何か。。 Arvo Pärt (アルヴォ•ペルト)の静続きを読む “ECM 1430 The Hilliard Ensemble, Orchester Der Beethovenhalle Bonn ‘Arvo Pärt : Miserere ‘ (1991)”

ECM 1370 The Hilliard Ensemble ‘Arvo Pärt : Passio’ (1988)

・Review Arvo Pärt (アルヴォ•ペルトによる1曲70分を超える大作。 これはある種、音楽以上のもので、壮大な祈りのようなものだ。 ・Catalogue ECM 1370 The Hilliard Ense続きを読む “ECM 1370 The Hilliard Ensemble ‘Arvo Pärt : Passio’ (1988)”