ECM 1975 Kim Kashkashian, Robert Levin ‘Asturiana: Songs From Spain And Argentina’ (2007)

・Review ヴィオラとピアノのデュオ。好きな組み合わせの一つ。ピアノソロと異なり、必要最小限プラス1の広がり。ピアノソロの豊かさと、楽器が一つ加わるだけでえられる豊かさ。どちらも好きだけれど、デュオならこの2つ。なお続きを読む “ECM 1975 Kim Kashkashian, Robert Levin ‘Asturiana: Songs From Spain And Argentina’ (2007)”

ECM 1988 Valentin Silvestrov, Alexei Lubimov, Münchener Kammerorchester, Christoph Poppen ‘Bagatellen Und Serenaden’ (2007)

・Review 1937年ウクライナ、キエフ生まれの現代音楽の作曲家Valentin Silvestrov(ヴァレンティン•シルヴェストロフ)の70歳の年に録音、リリースされた「作曲家の肖像画」と形容される作品。 ・Ca続きを読む “ECM 1988 Valentin Silvestrov, Alexei Lubimov, Münchener Kammerorchester, Christoph Poppen ‘Bagatellen Und Serenaden’ (2007)”