ECM 2095 Alexander Liebreich, Münchener Kammerorchester ‘Toshio Hosokawa: Landscapes’ (2011)

ECM 2095 Alexander Liebreich, Münchener Kammerorchester 'Toshio Hosokawa: Landscapes' (2011)
ECM 2095 Alexander Liebreich, Münchener Kammerorchester ‘Toshio Hosokawa: Landscapes’ (2011)

・Review
なんて繊細で、緊張感あふれる曲の始まりなんだろう。この音ってなんだろうと思ったら、Mayumi Miyataという日本人と思われる方が参加していた。おそらく彼女の笙(読み:しょう)によるモノだろう。

作曲家は1955年生まれの作曲家であり、指揮者の細川 俊夫 (Toshio Hosokawa)。この素材を
Münchener KammerorchesterとMayumi Miyataの笙という組み合わせで再現。なんとマニアックな企画だろう。

・Catalogue
ECM 2095 Alexander Liebreich, Münchener Kammerorchester ‘Toshio Hosokawa: Landscapes’ (2011) 

・Track list
1.LANDSCAPE V (FOR SHÔ AND STRING ORCHESTRA) (1993)(Toshio Hosokawa)
2.CEREMONIAL DANCE (FOR STRING ORCHESTRA) (2000)(Toshio Hosokawa)
3.SAKURA FÜR OTTO TOMEK (FOR SHÔ) (2008)(Toshio Hosokawa)
4.CLOUD AND LIGHT (FOR SHÔ AND ORCHESTRA) (2008)(Toshio Hosokawa)

・Personnel
Münchener Kammerorchester
Mayumi Miyata Shô
Alexander Liebreich Conductor

・Official site
Alexander Liebreich  http://alexanderliebreich.de
 

ECM 1803 John Potter, The Dowland Project ‘Care-charming Sleep’ (2003)

ECM 1803 John Potter, The Dowland Project 'Care-charming Sleep' (2003)
ECM 1803 John Potter, The Dowland Project ‘Care-charming Sleep’ (2003)

・Review / レビュー
元Hilliard EnsembleのJohn Potterの作品。優雅な1曲目、歌の入った奔放な2曲目を元として、Hilliard Ensembleと比較して宗教色が抜け、クラシックとフォークの間に位置するような音で非常に聴きやすい。Hilliard Ensembleは素晴らしいのだが、やや格調高い。まずはここから入ってみるのも良いだろう。とても良い温度感を持った作品。5曲目のACCENTI QUERULIをまず聴いてみてほしい。

・Catalogue / カタログ
ECM 1803  John Potter, The Dowland Project ‘Care-charming Sleep’ (2003)

・Track list / トラックリスト
1.REFRAIN 1(Stephen Stubbs)
2.ANCHOR CHE COL PARTIRE (VIOLIN VERSION)(Public Domain)
3.GIÀ PIÙ VOLTE TREMANTE(Public Domain)
4.CARE-CHARMING SLEEP (1ST VERSION)(Public Domain)
5.ACCENTI QUERULI(Public Domain)
6.WEEP, WEEP MINE EYES(Public Domain)
7.AS I WALKED FORTH(Public Domain)
8.REFRAIN 2(Stephen Stubbs)
9.REFRAIN 3(Stephen Stubbs)
10.SHE LOVES AND SHE CONFESSES(Public Domain)
11.ANGELA SIETE(Public Domain)
12.HAVE YOU SEEN BUT A BRIGHT LILY GROW?(Public Domain)
13.REFRAIN 4 – AMOR DOV’È LA FE'(Public Domain)
14.CARE-CHARMING SLEEP (2ND VERSION)(Public Domain)
15.ANCHOR CHE COL PARTIRE (VOCAL VERSION)(Public Domain)

・Personnel / 参加者
John Potter Tenor
Maya Homburger Baroque Violin
Barry Guy Double Bass
Stephen Stubbs Baroque Guitar, Chitarrone
John Surman Bass Clarinet, Soprano saxophone

・Website / サイト
John Potter  http://www.john-potter.co.uk
The Dowland Project http://www.john-potter.co.uk/dowland.php

ECM 2386 David Virelles ‘Mbókò’ (2014)

ECM 2386 David Virelles 'Mbókò' (2014)
ECM 2386 David Virelles ‘Mbókò’ (2014)

・Review
1983年キューバ生まれ、ニューヨークを拠点に活動するピアニスト兼作曲家であるDavid Virellesの作品。キューバにて、カナダ人ミュージシャンのJane Bunnettにトロントに招聘され、トロント大学に入学。実際に彼女と2001年にアルバムを残している。その後2009年にNew Yorkへと移り、Steve ColemanやChris Potter、Mark Turnerなどと共演。

ECM RecordsではChris Potter 「The Sirens」にDavid Virellesのクレジットがある。そして本作が、彼のECM Recordsにおけるリーダー作としてのデビューアルバムである。それにしても変わった変わった構成だ。ベースが2本なのだ。音楽性もアフロなニュアンスだが、現代的ですらあるという変わったスタイル。なお、アルバムのタイトル「Mbókò」は精霊の声を意味する。まさに異国のジャズである。

全曲David Virellesの作曲による。

・Catalogue
ECM 2386 David Virelles ‘Mbókò’ (2014)

・Track list
1.WIND ROSE (ANTROGOFOKO MOKOIRÉN)(David Virelles)
2.THE SCRIBE (TRATADO DE MPEGÓ)(David Virelles)
3.BIANKOMÉKO(David Virelles)
4.ANTILLAIS (A QUINTÍN BANDERA)(David Virelles)
5.ABERIÑÁN Y ABERISÚN(David Virelles)
6.SEVEN, THROUGH THE DIVINATION HORN(David Virelles)
7.STORIES WAITING TO BE TOLD(David Virelles)
8.TRANSMISSION(David Virelles)
9.THE HIGHEST ONE(David Virelles)
10.ÈFÉ (A MARÍA TERESA VERA)(David Virelles)

・Personnel
David Virelles Piano
Thomas Morgan Double Bass
Robert Hurst Double Bass
Marcus Gilmore Drums
Román Díaz Biankoméko Vocals

・Website
David Virelles  http://www.davidvirelles.com

ECM 1652 Keller Quartett ‘J. S. Bach : Die Kunst Der Fuge’ (1998)

ECM 1652 Keller Quartett 'J. S. Bach : Die Kunst Der Fuge' (1998)
ECM 1652 Keller Quartett ‘J. S. Bach : Die Kunst Der Fuge’ (1998)

・Review
Keller Quartettとは、ヴィオリン奏者であるAndrás Kellerを中心に結成されたカルテット。
個人的には、トップクラスの「フーガの技法」である。晩年に作られた曲であり、同時に未完である。Keller Quartettで他の作品も聴いてみたい。それくらい突出している。

・Catalogue
ECM 1652 Keller Quartett ‘J. S. Bach : Die Kunst Der Fuge’ (1998)

・Track list
JOHANN SEBASTIAN BACH – DIE KUNST DER FUGE
1.Contrapunctus 1
2.Contrapunctus 2
3.Contrapunctus 3
4.Contrapunctus 4
5.Contrapunctus 5
6.Contrapunctus 6 a 4 in Stylo Franchese
7.Contrapunctus 7 a 4 per Augmentationem et Diminutionem
8.Contrapunctus 8 a 3
9.Contrapunctus 9 a 4 alla Duodecima
10.Contrapunctus 10 a 4 alla Decima
11.Contrapunctus 11 a 4
12.Contrapunctus 12 a 4
13.Contrapunctus Inversus 12 a 4
14.Contrapunctus 13 a 3
15.Contrapunctus Inversus 13 a 3
16.Canon per Augmentationem in Contrario Motu
17.Canon alla Ottava
18.Canon alla Decima Contrapunto alla Terza
19.Canon alla Duodecima Contrapunto alla Quinta
20.Contrapunctus 14

・Personnel
Keller Quartett
András Keller Violin
János Pilz Violin
Zoltán Gál Viola
Ottó Kertész Cello
 

ECM 1889 John Holloway ‘Francesco Maria Veracini:Sonatas’ (2005)

ECM 1889 John Holloway 'Francesco Maria Veracini' (2005)
ECM 1889 John Holloway ‘Francesco Maria Veracini:Sonatas’ (2005)

・Review
あぁ、心地よい。Francesco Maria Veracini ( 1690 – 1768)のソナタ。イタリアはフィレンツェ生まれのヴァイオリスト兼作曲家。構成も古典的。しかし新鮮に響く。

John Hollowayは1948年生まれのイギリス人ヴァイオリスト兼作曲家である。チェロとチェンバロの絡みが素晴らしい。

・Catalogue
ECM 1889 John Holloway ‘Francesco Maria Veracini:Sonatas’ (2005)

・Track list
FRANCESCO MARIA VERACINI – SONATA NO.1 IN G MINOR (AUS SONATE 1721)
1.Overtura. Largo – Allegro
2.Aria. Affetuoso
3.Paesana. Allegro
4.Minuet. Allegro
5.Giga ‘Postiglione’. Allegro

FRANCESCO MARIA VERACINI – SONATA NO.5 IN C MAJOR (AUS SONATE 1716)
6.Largo
7.Allegro
8.Largo
9.Allegro

FRANCESCO MARIA VERACINI – SONATA NO.1 IN D MAJOR (DISSERTAZIONI)
10.Grave – Allegro
11.Allegro
12.Allegro
13.Adagio
14.Allegro

FRANCESCO MARIA VERACINI – SONATA NO.6 IN A MAJOR (AUS SONATE 1744)
15.Siciliana. Larghetto
16.Capriccio. Allegro, e con affetto
17.Andante moderato
18.Largo
19.Allegro assai

・Personnel
John Holloway Violin
Jaap ter Linden Cello
Lars Ulrik Mortensen Harpsichord

・Website
John Holloway
Jaap ter Linden

ECM 1855 Leonidas Kavakos,Peter Nagy ‘Stravinsky / Bach’ (2005)

ECM 1855 Leonidas Kavakos,Peter Nagy 'Stravinsky / Bach' (2005)
ECM 1855 Leonidas Kavakos,Peter Nagy ‘Stravinsky / Bach’ (2005)

・Review
ヴァイオリンのLeonidas Kavakos,ピアノのPeter Nagyの2人によるデュオ。

アルバムの構成としては4部に分かれている。
1部はSTRAVINSKY の2人のデュオコンサートから始まる。
( 5曲目のDithyrambeが泣ける….)
2部はLeonidas KavakosのソロによるBachのPartita。
3部は再びSTRAVINSKYでデュオ。
そしてLeonidas KavakosのソロによるBACHのSONATAで終わる。

異次元 な音世界だ。なんと生き生きとした音。透明感のある演奏。
曲に新たな命が吹き込まれたかのようだ。New Seriesおそるべし…

・Catalogue
ECM 1855 Leonidas Kavakos,Peter Nagy ‘Stravinsky / Bach’ (2005)

・Track list
IGOR STRAVINSKY – DUO CONCERTANT FOR VIOLIN AND PIANO
1.Cantilène
2.Eglogue I
3.Eglogue II
4.Gigue
5.Dithyrambe

JOHANN SEBASTIAN BACH – PARTITA NO. 1 IN B MINOR FOR VIOLIN SOLO BWV 1002
6.Allemanda
7.Double
8.Corrente
9.Double
10.Sarabande
11.Double
12.Tempo di Borea
13.Double

IGOR STRAVINSKY – SUITE ITALIENNE FOR VIOLIN AND PIANO
14.Introduzione
15.Serenata
16.Tarantella
17.Gavotta con due Variazioni
18.Scherzino
19.Minuetto e Finale

JOHANN SEBASTIAN BACH – SONATA NO. 1 IN G MINOR FOR VIOLIN SOLO BWV 1001
20.Adagio
21.Fuga. Allegro
22.Siciliano
23.Presto

・Personnel
Leonidas Kavakos Violin
Peter Nagy Piano

・Official site
Leonidas Kavakos   http://www.leonidaskavakos.com
 

ECM 1835 Thomas Zehetmair ‘Eugène Ysaÿe: Sonates Pour Violon’ (2004)

ECM 1835 Thomas Zehetmair 'Eugène Ysaÿe: Sonates Pour Violon' (2004)
ECM 1835 Thomas Zehetmair ‘Eugène Ysaÿe: Sonates Pour Violon’ (2004)

・Review
モチーフに惹かれたのか、奏者に惹かれたのか、でいえば奏者であるThomas Zehetmairの演奏が楽しみで購入。オーストリアはザルツブルグに生まれたヴァイオリン奏者であり指揮者だ。

Eugène Ysaÿe (1858-1931) はベルギー人ヴァイオリン奏者、作曲家、そして指揮者である、ということを後から知る。

これはヴァイオリンのためのソナタ。今までに聴いたことのない熱い演奏。凄まじいばかりの熱気だ。やっぱりThomas Zehetmairは裏切らない。裏切る時はいつでもいい意味で、だ。

András Schiffと同じく、作曲家よりも奏者として楽しみな数少ないプレイヤーの1人だ。

・Catalogue
ECM 1835 Thomas Zehetmair ‘Eugène Ysaÿe: Sonates Pour Violon’ (2004)

・Track list
EUGÈNE YSAŸE – SONATA NO. 1 IN G MINOR
1.Grave
2.Fugato
3.Allegretto poco scherzoso
4.Finale con brio

EUGÈNE YSAŸE – SONATA NO. 2 IN A MINOR
5.Obsession
6.Malinconia
7.Danse des ombres
8.Les furies
9.SONATA NO. 3 IN D MINOR ‘BALLADE'(Eugène Ysaÿe)

EUGÈNE YSAŸE – SONATA NO. 4 IN E MINOR
10.Allemanda
11.Sarabande
12.Finale

EUGÈNE YSAŸE – SONATA NO. 5 IN G MAJOR
13.L’Aurore
14.Danse rustique
15.SONATA NO. 6 IN E MAJOR(Eugène Ysaÿe)

・Personnel
Thomas Zehetmair Violin

ECM 2157 Garth Knox, Agnès Vesterman , Sylvain Lemêtre ‘Saltarello’ (2012)

ECM 2157 Garth Knox, Agnès Vesterman , Sylvain Lemêtre 'Saltarello' (2012)
ECM 2157 Garth Knox, Agnès Vesterman , Sylvain Lemêtre ‘Saltarello’ (2012)

・Review
1956年生まれ、アイルランドはダブリン出身のヴィオラ奏者Garth Knox。クラシック音楽は昔ダンスミュージック出会ったことを想起させるかのような作品。しかし取り扱う作曲家の幅広さはなんだろう。

イギリス人作曲家であるHenry Purcell (1659-1695)、
イタリア人作曲家でありバロックの大家Antonio Vivaldi (1678-1741) 、
フランス人作曲家というより詩人Guillaume de Machaut(1300-1377),
ドイツ人Hildegard von Bingen(1098-1179)においてはもはや聖人。

そしてイギリス人作曲家John Dowland(1563-1626)の曲ではKaija Saariahoも参加。

一方で現代のスコットランド人音楽家Johnny Cunninghamの楽曲も取り扱う。

さらには自身のオリジナルも差し込んでいる。この時代の多様さを一枚のアルバムにまとめあげる力量とセンス。古典と現代を繋げたアルバムとも言える。直近聴いているNew Seriesは面白いものばかりで、大変嬉しい。

・Catalogue
ECM 2157 Garth Knox, Agnès Vesterman , Sylvain Lemêtre ‘Saltarello’ (2012)

・Track list
1.BLACK BRITTANY(Johnny Cunningham, Traditional)
2.MUSIC FOR A WHILE(Henry Purcell)

ANTONIO VIVALDI – CONCERTO FOR VIOLA D’AMORE IN D-MINOR RV 393
3.I. Allegro
4.II. Largo
5.III. Presto
6.FUGA LIBRE(Garth Knox)
7.AVE, GENEROSA – TELS RIT AU MA(T)IN QUI AU SOIR PLEURE(Guillaume de Machaut, Hildegard von Bingen)

KAIJA SAARIAHO – VENT NOCTURNE
8.I. Sombres miroirs (Dark Mirrors)
9.FLOW MY TEARS(John Dowland)

KAIJA SAARIAHO – VENT NOCTURNE
10.II. Soupirs de l’obscur (Breaths of the Obscure)
11.THREE DANCES: SALTARELLO I – GHAETTA – SALTARELLO II(Traditional)
12.PIPE, HARP AND FIDDLE(Traditional)

・Personnel
Garth Knox Viola d’Amore, Viola, Fiddle
Agnès Vesterman Violoncello
Sylvain Lemêtre Percussion

・Website
Garth Knox

ECM 1922 Rolf Lislevand ‘Nuove musiche’ (2006)

ECM 1922 Rolf Lislevand 'Nuove musiche' (2006)
ECM 1922 Rolf Lislevand ‘Nuove musiche’ (2006)

・Review
1961年生まれ、ノルウェー出身のリュート奏者兼ギタリストであるRolf LislevandによるECM Records (ECMレコード)デビューアルバム。

フラメンコ、ケルティック、そしてバロック。それらの要素がこのアルバムの中で立ち上がり、奇妙な調和を見せている。不思議なそして美しく、古さの中に新しさを内包した音楽。聴けば聴くほどに耳に馴染む、大変興味深い音源だ。

・Catalogue
ECM 1922 Rolf Lislevand ‘Nuove musiche’ (2006)

・Track list
1.ARPEGGIATA ADDIO(Rolf Lislevand)
2.PASSACAGLIA ANTICA I(Rolf Lislevand)
3.PASSACAGLIA ANDALUZ I(Rolf Lislevand)
4.PASSACAGLIA ANTICA II(Rolf Lislevand)
5.PASSACAGLIA CROMATICA(Rolf Lislevand)
6.PASSACAGLIA ANTICA III(Rolf Lislevand)
7.PASSACAGLIA CANTUS FIRMUS(Rolf Lislevand)
8.PASSACAGLIA CELTICA(Rolf Lislevand)
9.PASSACAGLIA SPONTANEA(Rolf Lislevand)
10.PASSACAGLIA ANDALUZ II(Rolf Lislevand)
11.TOCCATA(Rolf Lislevand)
12.PASSACAGLIA CANTATA(Rolf Lislevand)
13.CORRENTE(Rolf Lislevand)
14.CORRENTE(Rolf Lislevand)
15.TOCCATA(Rolf Lislevand)
16.CIACCONA(Rolf Lislevand)
17.TOCCATA CROMATICA(Rolf Lislevand)

・Personnel
Rolf Lislevand Ensemble
Rolf Lislevand Archlute, Theorbo, Guitar
Arianna Savall Triple Harp, Soprano
Pedro Estevan Percussion
Bjørn Kjellemyr Colascione, Double-Bass
Guido Morini Organ, Clavichord
Marco Ambrosini Nyckelharpa
Thor-Harald Johnsen Guitar
 

ECM 1921 Enrico Rava, Stefano Bollani,Paul Motian ‘Tati’ (2005)

ECM 1921 Enrico Rava, Stefano Bollani,Paul Motian 'Tati' (2005)
ECM 1921 Enrico Rava, Stefano Bollani,Paul Motian ‘Tati’ (2005)

・Review
とても贅沢なトリオ。トランペットにEnrico Rava、ピアノにStefano Bollani、そしてドラムがPaul Motianといった構成のトリオ。こうしたパターンのトリオの場合、ベースの不在によるなんらかの欠落を感じることがあるのだが、本トリオについては、そう感じさせないものがある。

1曲目はGeorge Gershwinの甘い曲。以降、ピアノとドラムのデュオを挟み、曲は音数は少なく、しっとりとした質感を帯びてくる。ジャズのコンテクストに順じながらも、ECM Records然とした音空間で埋め尽くされている。また5曲目はGiacomo Puccini作曲によるものだが、残りは3人がそれぞれ作曲を担当。いずれも、泣ける。

・Catalogue
ECM 1921 Enrico Rava, Stefano Bollani,Paul Motian ‘Tati’ (2005)

・Track list
1.THE MAN I LOVE(George Gershwin)
2.BIRDSONG(Paul Motian)
3.TATI(Enrico Rava)
4.CASA DI BAMBOLA(Stefano Bollani)
5.E LUCEVAN LE STELLE(Giacomo Puccini)
6.MIRRORS(Enrico Rava)
7.JESSICA TOO(Enrico Rava)
8.GOLDEN EYES(Enrico Rava)
9.FANTASM(Paul Motian)
10.CORNETTOLOGY(Enrico Rava)
11.OVERBOARD(Enrico Rava)
12.GANG OF 5(Paul Motian)

・Personnel
Enrico Rava Trumpet
Stefano Bollani Piano
Paul Motian Drums

・Website
Enrico Rava  
Stefano Bollani  
 

ECM 2373 Paul Bley ‘Play Blue – Oslo Concert ‘ (2014)

ECM 2373 Paul Bley 'Play Blue - Oslo Concert ' (2014)
ECM 2373 Paul Bley ‘Play Blue – Oslo Concert ‘ (2014)

・Review
Paul Bley (ポール・ブレイ)による2008年のオスロジャズフェスティバルの録音源。とんでもないライブ。最終曲のSonny Rollinsも圧巻だ。

・Catalogue
ECM 2373 Paul Bley ‘Play Blue – Oslo Concert ‘ (2014)

・Track list
1.FAR NORTH(Paul Bley)
2.WAY DOWN SOUTH SUITE(Paul Bley)
3.FLAME(Paul Bley)
4.LONGER(Paul Bley)
5.PENT-UP HOUSE(Sonny Rollins)

・Personnel
Paul Bley Piano

ECM 1018/1019 Circle ‘Paris Concert’ (1972)

ECM 1018/1019 Circle 'Paris Concert' (1972)
ECM 1018/1019 Circle ‘Paris Concert’ (1972)

・Review
1曲目のWayne Shorterの曲から、凄まじいエネルギーを放出している。火花。全力。この瞬間に。荒々しさと美しさが、ここにある。

マイルスバンドを去ったチック・コリアとデイヴ・ホランド。即興に見出した音楽の情熱と激しさを感じさせる美しくも儚い夜である。

・Catalogue
ECM 1018/1019 Circle ‘Paris Concert’ (1972)

・Track list
CD 1
1.NEFERTITTI(Wayne Shorter)
2.SONG FOR THE NEWBORN(David Holland)
3.DUET(Anthony Braxton, Chick Corea)
4.LOOKOUT FARM / KELVIN 73° (VARIATION -3)(Barry Altschul, Anthony Braxton)

CD 2
1.TOY ROOM – Q & A(David Holland)
2.NO GREATER LOVE(Isham Jones)

・Personnel
Anthony Braxton Reeds Percussion
Chick Corea Piano
David Holland Bass, Cello
Barry Altschul Percussion

ECM Cinema ‘sounds and silence’ – Travels with Manfred Eicher (2011)

sounds-and-silence
ECM Cinema ‘sounds and silence’ – Travels with Manfred Eicher

・Review
邦訳はなし。独語、仏語、英語が入り乱れる。日本にはやはり需要がないのか。少し悲しく思う。この作品はECM Recordsの創設者、Manfred Eicher(マンフレート・アイヒャー)を追ったドキュメント。音楽業界で特異なポジションに位置づけるレーベル。彼の思想の一端に触れることができる。

その昔日本に講演しに来ると聞いて、チケットを予約したが、本人の体調不良で叶わず、とても残念な思いがあった。その彼の仕事っぷりを垣間見せてくれる。またカメラに収められたアーティスト達は以下の通り。驚くばかりの面子だ。

Arvo Pärt
Nik Bartsch
Eleni Karaindrou
Anouar Brahem
FrancoisCouturier
Jean-Louis Matinier
Gianluigi Trovesi
Marilyn Mazur
Dino Saluzzi
Anja Lechner
Trio Travesi Petrin Maras
Gianni Coscia
Jan Garbarek
Kim Kashkashian

ECMファンにはたまらない。一度でいい。彼らのライブを生で観てみたい。

・Catalogue
ECM Cinema ‘sounds and silence’ – Travels with Manfred Eicher

・Trailer

ECM Cinema Dino Saluzzi Anja Lechner ‘El Encuentro: A film for bandoneon and violoncello’ (2012)

Dino Saluzzi Anja Lechner 'El Encuentro: A film for bandoneon and violoncello' (2012)
Dino Saluzzi Anja Lechner ‘El Encuentro: A film for bandoneon and violoncello’ (2012)

・Review
Dino Saluzzi (ディノ・サルージ)とAnja Lechner出演したDVD。タイトルはEL ENCUENTRO、スペイン語で「出会い」を意味する言葉。それはまさにDino SaluzziとAnja Lechnerの出会いであり、Dino SaluzziとGeorge Gruntsの出会いであり、Anja LechnerとTigran Mansurianの出会いであり、タンゴと西洋音楽の出会いであり、各々のプレイヤーの楽器との出会いであり、互いの異文化との出会いを示唆していると言える。

EL ENCUENTROという言葉は広く取れるが故に、様々な解釈ができるが、おそらく上に書いたその全てだ。そして本作品と私たちの出会いでもある。以下は作品の流れである。

・SALTA ARGENTINA
これは、Dino Saluzziの生まれた地である。そこでAnja Lechnerは次のように語る。彼女の音楽観だ。

Playing music means speaking a language that everyone can understand. music is a world in which all emotions exsit. Music can heal and charm people. It can catapult you into the deepest of abysses. Music can do all of that.
音楽を演奏することは、皆が理解できる言語で語るようなもの。音楽は全ての感情が存在できる1つの世界なの。人々を癒し、勇気づけることができるし、底知れない深淵に放り込む事もできる。音楽にはそれら全てができるの。

わたしは、音楽家はその音楽で持って語るべきだと考えている一方、背後にある思想を知りたいと思っでもいる。あるいは音楽で十分に語り得ている人の考えをさらに言葉で聞けたら音楽家の奏でる音の一端に触れているようなものなのかもしれない。本作品においては、特に心地よく彼らのインタビューが響くのは彼らの音が好きだからに他ならないのであろう。

・Munchen,Germany
場面は変わり、Anja Lechnerが旅の重要性とその価値について語る。

・Yervan, Armenia
アルメニアに移り、Anja LechnerがTigran Mansurianを訪れる。Anja LechnerがMansurianの目の前で演奏する。そこでニュアンスについての確認し、曲がどこから来たのかをを尋ね、棋譜された音楽を深めるプロセスの一部を垣間見る。そしていかにMansurianが素晴らしい作曲家かを話す。それが故か、アルメニアはアルゼンチンに次いで最も重要な国、というAnja Lechnerの発言を拾うことができる。

・Basel, Swiss
Dino Saluzziのパートに移る。バンドリーダーのピアニストGeorge Gruntsとともに、 Dino Saluzziがリハーサルを行うシーン。家族を養うために、経済的苦しい部分があり、アルゼンチンを離れた、というDino Saluzziの独白がある。

ここには、ドイツで正統な音楽教育を経たチェロという西洋楽器のプレイヤーと、アルゼンチンの土着の(あるいは路上、飲み屋の)楽器であるバンドネオンという楽器の差をほのかに感じさせる。

・Yerevan, Armenia
再びAnja Lechnerのパートに。Levon Eskenianmが登場。Anja Lechnerが旅の魅力、異文化交流を語る。異文化への興味、すなわち異なるものとの対話による喜びを、彼女は感じている。かなりオープンマインデッドな人物であり、好感が持てるし、彼女の演奏における表現の幅広さを形作っているように思える。

・Dino Saluzziへのインタビュー
バンドネオンへの思いについて語る。その思いは胸を打つ。

An instrument is almost an extension of my body. I can’t coceive of life without the bandneon. It doesn’t raise its voice, it only speak with calmness, simplicity and directness.

All of the words are written here.
All of the thoughts are here.
All of the difficult equations are here.

You only have to serve the bandneon and understand that you’re letting the human experience pass through other channels.

バンドネオンは体の一部であり、ない人生は考えられない。バンドネオンはがなり立てはせずに、穏やかに、わかりやすく、そしてダイレクトに語りかけてくれる楽器。

全ての言葉、思考、難解な方程式はバンドネオンの中にある。

ただバンドネオンに仕えること。そして自分の経験を、他者や楽器を通じて、表現していることを理解しなければならない。

・Anja Lechnerへのインタビュー
ここには葛藤と音楽に対する深い愛情が交錯しているように見えるが、彼女はやはり音楽の人なのだ、と理解できる。

Music is the most important thing in my life, but sometimes I think: there are more important things in life: Life itself. I try to convince myself: ‘No, personal relationships and family are most important.’ But to be honest, it’s music. Thank goodness it’s so intense. It entails so much, all the trip, etc., that it replaces so much things that you also miss due to it. Musicians are alone a lot of time.Practcing, traveling,… It’s paradoxical: On the other hand, you’re alone, but thanks to the music, you’re not really alone.

音楽は人生で最も重要なものだけど時々、人生そのものが最も重要なものだと思う時がある。自分自身をこう説き伏せる「音楽ではなく、人間関係や家族が1番重要だ」。でも本音を言うと最も大切なものは音楽なの。それはとても強烈な想い。音楽の為に失ったものに取って代わり、おのずと旅やなにやら様々なものが付きまとう。多くの時間、音楽家は孤独なの、練習、移動。でも音楽の為に孤独である一方、音楽のお陰で孤独ではないという矛盾があるのよ。

・Triest, Italy
パーカッショニストのU.T.Gandhi、シンガーのAlessandra Francoを含めたクァルテットの素晴らしいライブの一場面。心底楽しそうなプレイヤーたちの笑顔が、印象的だ。求道的な彼らにとって、他者と共同で音楽を強度の高い次元で創り上げることが喜びでもあることが感じられる。

・Amsterdam, Netherland
オーケストラとともにコンサート。指揮者はJules Buckley。大変美しい曲で本作は終わりを迎える。
2人の音楽家が、いくつもの国を超え、亜文化に触れ、音楽家達出会う記録はまた、彼らの奏でる音と同様に大変美しいものであった。邦訳はないが、平易な英語が理解できれば十分に理解できる作品だ。是非多くの人に見てもらいたい作品であることは間違いない。私にとって1番の収穫はDino SaluzziとAnja Lechner2人の人生観に触れることができたこと。なぜ私が彼らの音に惹かれてやまないのか、それがよくわかった。

・Catalogue
ECM Cinema Dino Saluzzi Anja Lechner ‘El Encuentro: A film for bandoneon and violoncello’ (2012)

・Trailer

・Personnel
Dino Saluzzi Bandoneon
Anja Lechner Violoncello
Norbert Wiedmer Director
Enrique Ros Director

ECM 2222 Chick Corea, Stefano Bollani ‘Orvieto’ (2011)

ECM 2222 Chick Corea, Stefano Bollani 'Orvieto' (2011)
ECM 2222 Chick Corea, Stefano Bollani ‘Orvieto’ (2011)

・Review
とんでもないコラボがあったものだ。なんとChick CoreaとStefano Bollani のピアノデュオ。この2人のピアノのデュオって一体どんなことになっているのだろうと期待を胸に膨らませて音源を再生する。

面白い。音が思いもしない方向とタイミングから飛んでくる。そうかこれがピアノデュオか。ソロでは考えられない手数の多さやフレージングによってえられる音楽的恩恵が感じられるのは2曲目。空間に音が充満しきっていて最初はとっつきにくかったが、何度も聴くと神がかっていることがわかる。3曲目のすり替わりというか、互いの役割のスイッチングがすごいことになっている。

4曲目は、スタッカートしたバッキングと明るさが印象的な曲。ピアノデュオが最も生きる曲調なのだと思う。アンサンブルというより、どこか曲芸をみているような気になってしまったが、何度も聴けばおそらく発見は多いだろう。ということで、この先の自分の変化の仕方が楽しみな一枚。

・Catalogue
ECM 2222 Chick Corea,  Stefano Bollani ‘Orvieto’  (2011)

・Track list
CHICK COREA, STEFANO BOLLANI – PART I
1.Orvieto Improvisation No. 1
2.Retrato Em Branco E Preto
3.If I Should Lose You
4.Doralice
5.Jitterbug Waltz
6.A Valsa da Paula

MILES DAVIS, STEFANO BOLLANI, CHICK COREA – PART II
7.Orvieto Improvisation No. 2 – Nardis
8.Este Seu Olhar
9.Darn That Dream
10.Tirititran
11.Armando’s Rhumba
12.Blues In F

・Personnel
Chick Corea piano
Stefano Bollani piano

・Website
Chick Corea 
Stefano Bollani 
 

ECM 1518 Eberhard Weber ‘Pendulum’ (1993)

ECM 1518 Eberhard Weber 'Pendulum' (1993)
ECM 1518 Eberhard Weber ‘Pendulum’ (1993)

・Review
ベースという楽器の奥深さがここにある。表現の幅広さ、豊かさ。多重録音による作曲性の高さ。挑戦的で大変素晴らしい。私はこれをアヴァンギャルドとは思わない。ジャズだ。

アイヒャーが元ベースプレイヤーであったことがECM Records (ECM レコード) の性格に大きな影響を及ぼしていると考えるのは早計だろうか。影役としての楽器を突き詰めることによる奥深さによる主人公たり得る楽器であることの証明。

音楽という文脈の中では、そうした邪推も無意味なのかもしれない。音楽そのものが素晴らしければ、それでいいのだから。

・Catalogue
ECM 1518 Eberhard Weber ‘Pendulum’ (1993)

・Track list
1.BIRD OUT OF CAGE(Eberhard Weber)
2.NOTES AFTER AN EVENING(Eberhard Weber)
3.DELIRIUM(Eberhard Weber)
4.CHILDREN’S SONG NO. 1(Eberhard Weber)
5.STREET SCENES(Eberhard Weber)
6.SILENT FOR A WHILE(Eberhard Weber)
7.PENDULUM(Eberhard Weber)
8.UNFINISHED SELF-PORTRAIT(Eberhard Weber)
9.CLOSING SCENE(Eberhard Weber)

・Personnel
Eberhard Weber Bass
 

ECM 1010 Paul Bley ‘Ballads’ (1971)

ECM 1010 Paul Bley 'Ballads' (1971)
ECM 1010 Paul Bley ‘Ballads’ (1971)

・Review
私にとって特別なピアニスト、Paul Bley (ポール・ブレイ)。ECM Records (ECM レコード)の初期の作品。カタログナンバーは1011。

間を生かしたフレージングがたまらない。聴くたびに発見あるいは解釈が生ずる数少ないアーティストだ。その時々における私の心を代弁する鏡のような存在。

一体なんなのだろう、このアーティストの楽曲が持つ包容力は。音楽はここまで人の心を拾い得るのか。そう思わせてくれる作品。

・Catalogue
ECM 1010 Paul Bley ‘Ballads’ (1971)

・Track list
1.ENDING(Annette Peacock)
2.CIRCLES(Annette Peacock)
3.SO HARD IT TURNS(Annette Peacock)

・Personnel
Paul Bley Piano
Gary Peacock Double-Bass
Mark Levinson Double-Bass
Barry Altschul Drums

ECM 1893 Stephen Stubbs ‘Teatro Lirico’ (2006)

ECM 1893 Stephen Stubbs 'Teatro Lirico' (2006)
ECM 1893 Stephen Stubbs ‘Teatro Lirico’ (2006)

・Review
アメリカ人リュート奏者であるStephen StubbsのECM Records デビューアルバム。これがものすごいクオリティ。強度の高い音楽体験を提供してくれる。ヴァイオリン、ヴィオラ、ハープを交えたアンサンブル。西洋の空気を存分に孕んだクラシックでありながらどこか懐かしい音像。

・Catalogue
ECM 1893 Stephen Stubbs ‘Teatro Lirico’ (2006)

・Track list
1.SONATA ‘LA FOLLIA’ OP. 5, NO. 12: ADAGIO(Arcangelo Corelli)
2.IMPROVISATION I (ON THE FOLIA BASS)(Miloš Valent, Stephen Stubbs, Erin Headley, Maxine Eilander)
3.AMARILLI, MIA BELLA(Giulio Caccini)
4.BALLETTO QUARTO: ADAGGIO(Maurizio Cazzati)
5.FOLIA VARIATIONS (FOR HARP SOLO)(Lucas Ruiz de Ribayaz)
6.IMPROVISATION II (ON THE FOLIA BASS)(Stephen Stubbs, Miloš Valent, Maxine Eilander, Erin Headley)
7.SONATA SECONDA DETTA LA DESPERATA(Carlo Farina)
8.SONATA DI CHITTARRA, E VIOLINO, CON IL SUO BASSO CONTINUO(Giovanni Granata)
9.SONATA OP. 5, NO. 10: SARABANDA(Arcangelo Corelli)
10.ARIA DELLA FULIA VARIATA (CON PARTI VARIATI)(Giovanni Foscarini)
11.SUITE(Anonymous, Johann Caspar Horn)
12.ARPEGGIATA A MIO MODO(Stephen Stubbs)

・Personnel
Stephen Stubbs  Baroque Guitar, Chitarrone
Maxine Eilander  Spanish and Italian Harp
Erin Headley  Viola da Gamba, Lirone
Milos Valent  Violin, Viola
 

ECM 1604 Bobo Stenson Trio ‘War Orphans’ (1998)

ECM 1604 Bobo Stenson Trio 'War Orphans' (1998)
ECM 1604 Bobo Stenson Trio ‘War Orphans’ (1998)

・Review
Bobo Stensen (ボボ・ステンソン)のトリオ名義の作品。Bobo Stensonのピアノは決して裏切らない。Anders Jorminのベースは相変わらず見事だしJon Christensenのドラムは抑制が効いて、「曲」を理解している。聴いていて耳が楽しい。

・Catalogue
ECM 1604 Bobo Stenson Trio ‘War Orphans’ (1998)

・Track list
1.OLEO DE MUJER CON SOMBRERO(Silvio Rodríguez)
2.NATT(Anders Jormin)
3.ALL MY LIFE(Ornette Coleman)
4.ELEVENTH OF JANUARY(Anders Jormin)
5.WAR ORPHANS(Ornette Coleman)
6.SEDIMENT(Anders Jormin)
7.BENGALI BLUE(Bobo Stenson)
8.MELANCHOLIA(Duke Ellington)

・Personnel
Bobo Stenson Piano
Anders Jormin Double-Bass
Jon Christensen Drums

・Official site
Bobo Stenson
Anders Jormin
 

ECM 1336 Meredith Monk ‘Do You Be’ (1987)

ECM 1336 Meredith Monk 'Do You Be' (1987)
ECM 1336 Meredith Monk ‘Do You Be’ (1987)

・Review
「恐れているという状態を恐れるといった、この社会に共通する人間の傾向」を暗喩したという1曲目。こうした曲を代表に、表現方法豊かな声、どこか身体的な楽曲として響いてくる。どこか物哀しく響くサウンドは彼女から滲み出た実感なのだろうか。示唆に富む色褪せない名盤。

・Catalogue
ECM 1336 Meredith Monk ‘Do You Be’ (1987)

・Track list
1.SCARED SONG(Meredith Monk)
2.I DON’T KNOW(Meredith Monk)
3.WINDOW IN 7’S(Meredith Monk)
4.DOUBLE FIESTA(Meredith Monk)
5.DO YOU BE(Meredith Monk)
6.PANDA CHANT I(Meredith Monk)
7.MEMORY SONG(Meredith Monk)
8.PANDA CHANT II(Meredith Monk)
9.QUARRY LULLABY(Meredith Monk)
10.SHADOW SONG(Meredith Monk)
11.ASTRONAUT ANTHEM(Meredith Monk)
12.WHEEL(Meredith Monk)

・Personnel
Meredith Monk Ensemble
Meredith Monk Voice, Synthesizer, Piano
Nurit Tilles Piano, Keyboard, Voice, Synthesizer
Edmund Niemann Piano
Robert Een Voice
Andrea Goodman Voice
Wayne Hankin Voice, Keyboard, Bagpipes
Naaz Hosseini Voice, Violin
Ching Gonzalez Voice
Johanna Arnold Voice
John Eppler Voice
Nicky Paraiso Voice

・Website
Meredith Monk