ECM 1598 Keller Quartet ‘György Kurtág: Music for String Instruments’ (1996)

・Review めちゃくちゃかっこいい。なんだこれは。高音の抜き差しと低音の入り方。不協和音の美しさ。普通の音楽に、飽きたらどうぞこちらの世界へ。 ・Catalogue ECM 1598 Keller Quartet &続きを読む “ECM 1598 Keller Quartet ‘György Kurtág: Music for String Instruments’ (1996)”

ECM 2000 András Schiff ‘Ludwig van Beethoven : The Piano Sonatas’ (2016)

・Review 11枚組の大作。 本作についてAndras Schiffが残しているテクストは以下である。 知性や精神を通して音楽テクストに深く入り込むと、そこには未だ秘密があり、挑戦すべきことが隠されているのがすぐに分続きを読む “ECM 2000 András Schiff ‘Ludwig van Beethoven : The Piano Sonatas’ (2016)”

ECM 1819/20 András Schiff, Miklós Perényi ‘Ludwig van Beethoven: Complete Music For Piano And Violoncello’ (2004)

・Review András Schiff(アンドラーシュ・シフ)のピアノと極上のチェロ。最強タッグによるベートーヴェンのピアノとチェロの為の曲。 この一枚のアルバムで、初期、中期、後期のベートーヴェンをかいまみることが続きを読む “ECM 1819/20 András Schiff, Miklós Perényi ‘Ludwig van Beethoven: Complete Music For Piano And Violoncello’ (2004)”

ECM 1277 The San Francisco Symphony Orchestra, San Francisco Symphony Chorus, Edo De Waart ‘John Adams: Harmonium’ (1984)

・Review 1947年生まれのアメリカ人コンポーザーであるJohn Adamsにより1980から1981年に書かれた作品。演奏は1941年、オランダ人指揮者Edo de Waart率いるSan Francisco S続きを読む “ECM 1277 The San Francisco Symphony Orchestra, San Francisco Symphony Chorus, Edo De Waart ‘John Adams: Harmonium’ (1984)”

ECM 1510 Kim Kashkashian, Dennis Russell Davies, The Hilliard Ensemble, Stuttgarter Kammerorchester ‘Giya Kancheli: Abii Ne Viderem’ (1995)

・Review どの曲も大作。一番刺さったのが、アルバムのタイトルにもなっている2曲目のABII NE VIDEREM。繊細さとダイナミクスがないまぜになって進む大作である。演奏陣もほぼ最強と言っていい。Giya Kan続きを読む “ECM 1510 Kim Kashkashian, Dennis Russell Davies, The Hilliard Ensemble, Stuttgarter Kammerorchester ‘Giya Kancheli: Abii Ne Viderem’ (1995)”

ECM 2270-73 András Schiff ‘Johann Sebastian Bach: Das wohltemperierte Clavier’ (2012)

・Review 聴き慣れたものが、これまでと全く異なった装いで現れる驚き。一曲目の立ち上がり数秒を聴きものが違いすぎて思わず笑ってしまう。あまりに素晴らしく、よく聴く曲にも関わらず、圧倒的な違いを作っている。 余談ではあ続きを読む “ECM 2270-73 András Schiff ‘Johann Sebastian Bach: Das wohltemperierte Clavier’ (2012)”

ECM 1619 Márta And György Kurtág ‘György Kurtág: Játékok’ (1997)

・Review György Kurtágは1926年に旧ハンガリーで生まれたピアノ奏者であり作曲家。本作は彼と彼の妻Márta Kurtágによるピアノデュオ。 静寂を破る1音目から素晴らしさが突出している。抑制が聴き続きを読む “ECM 1619 Márta And György Kurtág ‘György Kurtág: Játékok’ (1997)”

ECM 2453 Danish String Quartet ‘Thomas Adès / Per Nørgård / Hans Abrahamsen’ (2016)

The Danish String QuartetのECM Records (ECM レコード)デビューアルバム 以下、デンマークとイギリスの作曲家のプログラムを演奏している。 Thomas Adès’s Arcadia続きを読む “ECM 2453 Danish String Quartet ‘Thomas Adès / Per Nørgård / Hans Abrahamsen’ (2016)”

ECM 1798 Marek Konstantynowicz, Cikada Ensemble, Norwegian Radio Orchestra,Christian Eggen ‘Morton Feldman:The Viola In My Life’ (2008)

・Review アメリカ人作曲家Morton Feldman(1926 – 1987)の作品。作品そのものは1970年から71年にかけて作られた。私にとってのFeldmanは、「Rothko Chapel」だ続きを読む “ECM 1798 Marek Konstantynowicz, Cikada Ensemble, Norwegian Radio Orchestra,Christian Eggen ‘Morton Feldman:The Viola In My Life’ (2008)”

ECM 2268 Alexei Lubimov, Natalia Pschenitschnikova ‘John Cage: As It Is’ (2012)

・Review 現代音楽のアイコンであり、開拓者であるJohn Cage。彼の生誕100年を記念して製作された作品。2011年にチューリッヒにて録音された。 1944年にロシアのモスクワで生まれたピアニストAlexei 続きを読む “ECM 2268 Alexei Lubimov, Natalia Pschenitschnikova ‘John Cage: As It Is’ (2012)”

ECM 2043 Till Fellner ‘Johann Sebastian Bach.: Inventionen Und Sinfonien / Französische Suite V’ (2009)

・Review 1972年、オーストリアはウィーン生まれのピアニストTill FellnerによるBachのInventio とSinfoniaなのだが、こんな素晴らしくそして若いピアニストがいたのかと、驚愕。彼が形成す続きを読む “ECM 2043 Till Fellner ‘Johann Sebastian Bach.: Inventionen Und Sinfonien / Französische Suite V’ (2009)”

ECM 2088 Rolf Lislevand Ensemble ‘Diminuito’ (2009)

・Review 1961年生まれのノルウェー人リュート奏者Rolf Lislevandの作品、前作は素晴らしかった。本作は、モチーフがかなりコンセプチュアル。楽曲も美しいか時折差し込まれる声との相性が印象的なまでに美しい続きを読む “ECM 2088 Rolf Lislevand Ensemble ‘Diminuito’ (2009)”

ECM 2466 Vox Clamantis ‘Arvo Pärt: The Deer’s Cry’ (2016)

・Review Vox Clamantisは、エストニアのヴォーカルグループ。Arvo Pärt (アルヴォ•ペルト)の音楽の特徴はその静謐さにある。しかしその静謐さはどこから来るのか。 音が少なければ、静謐か? 否であ続きを読む “ECM 2466 Vox Clamantis ‘Arvo Pärt: The Deer’s Cry’ (2016)”

ECM 1963 Frances-Marie Uitti, Münchener Kammerorchester, Christoph Poppen ‘Giacinto Scelsi: Natura Renovatur’ (2006)

・Review Giacinto Scelsi(1905-1988)はイタリア人作曲家。Jean Cocteau (ジャン・コクトー)やVirginia Woolf (ヴォージニア・ウルフ)と言った知識人、作家とも交流が続きを読む “ECM 1963 Frances-Marie Uitti, Münchener Kammerorchester, Christoph Poppen ‘Giacinto Scelsi: Natura Renovatur’ (2006)”

ECM 1975 Kim Kashkashian, Robert Levin ‘Asturiana: Songs From Spain And Argentina’ (2007)

・Review ヴィオラとピアノのデュオ。好きな組み合わせの一つ。ピアノソロと異なり、必要最小限プラス1の広がり。ピアノソロの豊かさと、楽器が一つ加わるだけでえられる豊かさ。どちらも好きだけれど、デュオならこの2つ。なお続きを読む “ECM 1975 Kim Kashkashian, Robert Levin ‘Asturiana: Songs From Spain And Argentina’ (2007)”

ECM 1765 The Hilliard Ensemble, Christoph Poppen ‘J.S. Bach:Morimur’ (2001)

・Review ViolinにChristoph Poppenを配置したThe Hilliard Ensembleによるバッハ。 これはすごい。 企画としても音としても突き抜けている。 ・Catalogue ECM 17続きを読む “ECM 1765 The Hilliard Ensemble, Christoph Poppen ‘J.S. Bach:Morimur’ (2001)”

ECM 2095 Alexander Liebreich, Münchener Kammerorchester ‘Toshio Hosokawa: Landscapes’ (2011)

・Review なんて繊細で、緊張感あふれる曲の始まりなんだろう。この音ってなんだろうと思ったら、Mayumi Miyataという日本人と思われる方が参加していた。おそらく彼女の笙(読み:しょう)によるモノだろう。 作曲続きを読む “ECM 2095 Alexander Liebreich, Münchener Kammerorchester ‘Toshio Hosokawa: Landscapes’ (2011)”

ECM 1652 Keller Quartett ‘J. S. Bach : Die Kunst Der Fuge’ (1998)

・Review Keller Quartettとは、ヴィオリン奏者であるAndrás Kellerを中心に結成されたカルテット。 個人的には、トップクラスの「フーガの技法」である。晩年に作られた曲であり、同時に未完である続きを読む “ECM 1652 Keller Quartett ‘J. S. Bach : Die Kunst Der Fuge’ (1998)”