ECM 2099 Steve Kuhn Trio, Joe Lovano ‘Mostly Coltrane’ (2009)

ECM 2099 Steve Kuhn Trio, Joe Lovano 'Mostly Coltrane' (2009)
ECM 2099 Steve Kuhn Trio, Joe Lovano 'Mostly Coltrane' (2009)
ECM 2099 Steve Kuhn Trio, Joe Lovano ‘Mostly Coltrane’ (2009)

・Review
1960年の2ヶ月の期間、Steve Kuhnは21歳にして、John Coltrane’s quartetのピアニストであった。およそ半世紀の年を経て、2008年にニューヨークのアヴァタースタジオで録音されたコルトレーンのトリビュートが本作。

1曲目Welcomeからしっとりと聴かせてくる。新鮮なのは、3曲目CRESCENTの新解釈。4曲目はBilly Eckstine、5曲目はJerome Braininの作曲。9曲目と13曲目はSteve Kuhnのオリジナルとなっている。

こうした盤が出るといつも思う。人生は短く、アートの生は長い。死してなお、生きるコルトレーンを想う夜。

・Catalogue
ECM 2099 Steve Kuhn Trio, Joe Lovano ‘Mostly Coltrane’ (2009)

・Track list
1.WELCOME(John Coltrane)
2.SONG OF PRAISE(John Coltrane)
(John Coltrane)
4.I WANT TO TALK ABOUT YOU(Billy Eckstine)
5.THE NIGHT HAS A THOUSAND EYES(Jerome Brainin)
6.LIVING SPACE(John Coltrane)
7.CENTRAL PARK WEST(John Coltrane)
8.LIKE SONNY(John Coltrane)
9.WITH GRATITUDE(Steve Kuhn)
10.CONFIGURATION(John Coltrane)
11.JIMMY’S MODE(John Coltrane)
12.SPIRITUAL(John Coltrane)
13.TRANCE(Steve Kuhn)05:24

・Personnel
Steve Kuhn Piano
David Finck  Double Bass
Joey Baron Drums
Joe Lovano Tenor Saxphone
 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。