ECM 2167 Michael Formanek, Tim Berne, Craig Taborn, Gerald Cleaver ‘The Rub And Spare Change’ (2010)

ECM 2167 Michael Formanek, Tim Berne, Craig Taborn, Gerald Cleaver 'The Rub And Spare Change' (2010)
ECM 2167 Michael Formanek, Tim Berne, Craig Taborn, Gerald Cleaver 'The Rub And Spare Change' (2010)
ECM 2167 Michael Formanek, Tim Berne, Craig Taborn, Gerald Cleaver ‘The Rub And Spare Change’ (2010)

・Review
1958年生まれ、アメリカ人ベーシスト Michael FormanekのECM Records(ECM レコード)デビュー作。彼を支えるメンバーも素晴らしい。アルトサックスはTim Berne、ピアノはCraig Taborn、そしてドラムはGerald Cleaverという布陣。

本作をチョイスしたのは、Craig Tabornが参加しているということが決め手。大好きなピアニストだ。本作でもその鬼才っぷりを発揮している。

1曲目からいきなりカッコ良い。その外し方が。この外し方の妙が、このアルバムのそこかしこに散りばめられており、聴く者を退屈させない。

複雑なリズム、音の連なり、そして重ね方。そしてその全てが美に通じていく。決してオーソドックスではないが、その外し方こそが本作の最大の魅力だと思っている。

・Catalogue
ECM 2167 Michael Formanek, Tim Berne, Craig Taborn, Gerald Cleaver ‘The Rub And Spare Change’ (2010)

・Track list
1 Twenty Three Neo
2 The Rub And Spare Change
3 Inside The Box
4 Jack’s Last Call
5 Tonal Suite
6 Too Big To Fail

・Personnel
Michael Formanek Double Bass
Tim Berne Alto Saxphone
Craig Taborn PIano
Gerald Cleaver Drums

・Website
Craig Taborn  http://www.craigtaborn.com
 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。