ECM 2386 David Virelles ‘Mbókò’ (2014)

ECM 2386 David Virelles 'Mbókò' (2014)
ECM 2386 David Virelles 'Mbókò' (2014)
ECM 2386 David Virelles ‘Mbókò’ (2014)

・Review
1983年キューバ生まれ、ニューヨークを拠点に活動するピアニスト兼作曲家であるDavid Virellesの作品。キューバにて、カナダ人ミュージシャンのJane Bunnettにトロントに招聘され、トロント大学に入学。実際に彼女と2001年にアルバムを残している。その後2009年にNew Yorkへと移り、Steve ColemanやChris Potter、Mark Turnerなどと共演。

ECM RecordsではChris Potter 「The Sirens」にDavid Virellesのクレジットがある。そして本作が、彼のECM Recordsにおけるリーダー作としてのデビューアルバムである。それにしても変わった変わった構成だ。ベースが2本なのだ。音楽性もアフロなニュアンスだが、現代的ですらあるという変わったスタイル。なお、アルバムのタイトル「Mbókò」は精霊の声を意味する。まさに異国のジャズである。

全曲David Virellesの作曲による。

・Catalogue
ECM 2386 David Virelles ‘Mbókò’ (2014)

・Track list
1.WIND ROSE (ANTROGOFOKO MOKOIRÉN)(David Virelles)
2.THE SCRIBE (TRATADO DE MPEGÓ)(David Virelles)
3.BIANKOMÉKO(David Virelles)
4.ANTILLAIS (A QUINTÍN BANDERA)(David Virelles)
5.ABERIÑÁN Y ABERISÚN(David Virelles)
6.SEVEN, THROUGH THE DIVINATION HORN(David Virelles)
7.STORIES WAITING TO BE TOLD(David Virelles)
8.TRANSMISSION(David Virelles)
9.THE HIGHEST ONE(David Virelles)
10.ÈFÉ (A MARÍA TERESA VERA)(David Virelles)

・Personnel
David Virelles Piano
Thomas Morgan Double Bass
Robert Hurst Double Bass
Marcus Gilmore Drums
Román Díaz Biankoméko Vocals

・Website
David Virelles  http://www.davidvirelles.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。