ECM 1835 Thomas Zehetmair ‘Eugène Ysaÿe: Sonates Pour Violon’ (2004)

ECM 1835 Thomas Zehetmair 'Eugène Ysaÿe: Sonates Pour Violon' (2004)
ECM 1835 Thomas Zehetmair 'Eugène Ysaÿe: Sonates Pour Violon' (2004)
ECM 1835 Thomas Zehetmair ‘Eugène Ysaÿe: Sonates Pour Violon’ (2004)

・Review
モチーフに惹かれたのか、奏者に惹かれたのか、でいえば奏者であるThomas Zehetmairの演奏が楽しみで購入。オーストリアはザルツブルグに生まれたヴァイオリン奏者であり指揮者だ。

Eugène Ysaÿe (1858-1931) はベルギー人ヴァイオリン奏者、作曲家、そして指揮者である、ということを後から知る。

これはヴァイオリンのためのソナタ。今までに聴いたことのない熱い演奏。凄まじいばかりの熱気だ。やっぱりThomas Zehetmairは裏切らない。裏切る時はいつでもいい意味で、だ。

András Schiffと同じく、作曲家よりも奏者として楽しみな数少ないプレイヤーの1人だ。

・Catalogue
ECM 1835 Thomas Zehetmair ‘Eugène Ysaÿe: Sonates Pour Violon’ (2004)

・Track list
EUGÈNE YSAŸE – SONATA NO. 1 IN G MINOR
1.Grave
2.Fugato
3.Allegretto poco scherzoso
4.Finale con brio

EUGÈNE YSAŸE – SONATA NO. 2 IN A MINOR
5.Obsession
6.Malinconia
7.Danse des ombres
8.Les furies
9.SONATA NO. 3 IN D MINOR ‘BALLADE'(Eugène Ysaÿe)

EUGÈNE YSAŸE – SONATA NO. 4 IN E MINOR
10.Allemanda
11.Sarabande
12.Finale

EUGÈNE YSAŸE – SONATA NO. 5 IN G MAJOR
13.L’Aurore
14.Danse rustique
15.SONATA NO. 6 IN E MAJOR(Eugène Ysaÿe)

・Personnel
Thomas Zehetmair Violin

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。