ECM 1010 Paul Bley ‘Ballads’ (1971)

ECM 1010 Paul Bley 'Ballads' (1971)
ECM 1010 Paul Bley 'Ballads' (1971)
ECM 1010 Paul Bley ‘Ballads’ (1971)

・Review
私にとって特別なピアニスト、Paul Bley (ポール・ブレイ)。ECM Records (ECM レコード)の初期の作品。カタログナンバーは1011。

間を生かしたフレージングがたまらない。聴くたびに発見あるいは解釈が生ずる数少ないアーティストだ。その時々における私の心を代弁する鏡のような存在。

一体なんなのだろう、このアーティストの楽曲が持つ包容力は。音楽はここまで人の心を拾い得るのか。そう思わせてくれる作品。

・Catalogue
ECM 1010 Paul Bley ‘Ballads’ (1971)

・Track list
1.ENDING(Annette Peacock)
2.CIRCLES(Annette Peacock)
3.SO HARD IT TURNS(Annette Peacock)

・Personnel
Paul Bley Piano
Gary Peacock Double-Bass
Mark Levinson Double-Bass
Barry Altschul Drums

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。