ECM 1438/39 Jimmy Giuffre, Paul Bley, Steve Swallow ‘Jimmy Giuffre 3, 1961’ (1992)

ECM 1438/39 Jimmy Giuffre, Paul Bley, Steve Swallow 'Jimmy Giuffre 3, 1961' (1992)
ECM 1438/39 Jimmy Giuffre, Paul Bley, Steve Swallow 'Jimmy Giuffre 3, 1961' (1992)
ECM 1438/39 Jimmy Giuffre, Paul Bley, Steve Swallow ‘Jimmy Giuffre 3, 1961’ (1992)

・Review
上質な時間の提供。緩やかでありながら、緊張感に溢れた演奏。音楽的な難易度は決して低くない。絶妙なアンサンブル。落ち着いて聞ける安定感抜群の音楽。一言でいって素晴らしい作品だ。ピアノはPaul Bley、ベースはSteve Swallowという盤石なトリオ。

おそらく素朴すぎて、彼らが試みている音楽的な難易度は、伝わりにくいかもしれない。きっと「分かりやすさ」はないだろう。(ギリギリポップなので、とっつきやすさは、あるのかもしれない。)私は大好きな音源の1つ。というか歴史的な名盤であると思うのだが、いかがだろう。

・Catalogue
ECM 1438/39 Jimmy Giuffre, Paul Bley, Steve Swallow ‘Jimmy Giuffre 3, 1961’ (1992)

・Track list
CD 1 CARLA BLEY – FUSION
1.Jesus Maria
2.Emphasis
3.In The Mornings Out There
4.Scootin’ About
5.Cry, Want
6.Brief Hesitation
7.Venture
8.Afternoon
9.Trudgin’

CD 2 CARLA BLEY – THESIS
1.Ictus
2.Carla
3.Sonic
4.Whirrrr
5.That’s True, That’s True
6.Goodbye
7.Flight
8.The Gamut
9.Mee Too
10.Temporarily
11.Herb & Ictus

・Personnel
Jimmy Giuffre Clarinet
Paul Bley Piano
Steve Swallow Double-Bass

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。