ECM 2238 Duo Gazzana ‘Five Pieces – Takemitsu / Hindemith / Janáček / Silvestrov’ (2011)

ECM 2238 Duo Gazzana 'Five Pieces - Takemitsu / Hindemith / Janáček / Silvestrov' (2011)
ECM 2238 Duo Gazzana 'Five Pieces - Takemitsu / Hindemith / Janáček / Silvestrov' (2011)
ECM 2238 Duo Gazzana ‘Five Pieces – Takemitsu / Hindemith / Janáček / Silvestrov’ (2011)

・Review
イタリア出身のGazzana姉妹によるデュオ。楽器はヴァイオリンとピアノ。5 piecesと名付けられた本作は、Takemitsu、Hindemith 、Janáček、Silvestrovといった偉大かつ個性溢れる作曲家達を取り扱っており、東西を問わず幅広く楽曲をピックアップしている

初めて聴いた作曲家はPaul Hindemith(パウル・ヒンデミット)。1895年生まれのドイツ人作曲家。彼の歴史を紐解くと、時代の趨勢に抗った作曲家であることがわかる。ピッタリと息の合った演奏は流石の一言。イタリアから面白いアーティストが出てきた。もう一枚ECM Records からアルバムが出ているので、そちらも大変興味がある。

・Catalogue
ECM 2238 Duo Gazzana ‘Five Pieces – Takemitsu / Hindemith / Janáček / Silvestrov’ (2011)

・Track list
1.DISTANCE DE FÉE (1951)(Toru Takemitsu)

PAUL HINDEMITH – SONATA IN E (1935)
2.Ruhig bewegt
3.Langsam – Sehr lebhaft

LEOŠ JANÁCEK – SONATA (1914, REV. 1921)
4.Con moto
5.Ballada. Con moto
6.Allegretto
7.Adagio

VALENTIN SILVESTROV – FIVE PIECES (2004)
8.Elegie. Andante larghetto
9.Serenade. Moderato
10.Intermezzo. Moderato
11.Barcarole. Andantino
12.Nocturne. Larghetto

・Personnel
Raffaella Gazzana  Piano
Natascia Gazzana  Violin

・Official site
Duo Gazzana
 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。