ECM 1906 Susanne Abbuehl ‘Compass’ (2006)

ECM 1906 Susanne Abbuehl 'Compass' (2006)
ECM 1906 Susanne Abbuehl ‘Compass’ (2006)

・Review
1曲目から、Susanne Abbuehl節全開。しかし特にいいのが、Wolfert Brederodeのピアノがいい。控えめながら、端正で、美しいピアノだ。歌を中心とした世界観を見事に引き立てている。3曲目のWhere Flamingos Flyの重厚感のあるピアノ。歌声とのコントラストが素晴らしい。

5曲目のSea, Sea!の歌詞はJames Joyce (ジェームス・ジョイス)の “Finnegans Wake (フィネガンズ・ウェイク)”から引用されている。ポエトリーリーディングの手法を織り交ぜて歌う。同じく7曲目のThe Twilight Turns From Amethyst、そして12曲目のIn The Dark Pine-WoodもJames Joyce (ジェームス・ジョイス)、引用作品はともに”Chamber Music”である。

カヴァーも2つ、10曲目のA Call For All DemonsはSun Ra (サン・ラ)、11曲目のChilderen’s Song No. 1はChick Corea (チック・コリア)。文学性を反映したかのような内相的かつ繊細な作品。

・Catalogue
ECM 1906 Susanne Abbuehl ‘Compass’ (2006)

・Track list
1.BATHYAL(Susanne Abbuehl)
2.BLACK IS THE COLOR…(Traditional)
3.WHERE FLAMINGOS FLY(El Thea, John Benson Brooks, Harold Courlander)
4.LO FIOLAIRE(Traditional)
5.SEA, SEA!(Susanne Abbuehl)
6.DON’T SET SAIL(Susanne Abbuehl)
7.THE TWILIGHT TURNS FROM AMETHYST(Susanne Abbuehl)
8.PRIMROSE(Susanne Abbuehl)
9.BRIGHT CAP AND STRAMERS(Susanne Abbuehl)
10.A CALL FOR ALL DEMONS(Sun Ra)
11.CHILDREN’S SONG NO. 1(Chick Corea)
12.IN THE DARK PINE-WOOD(Susanne Abbuehl)

・Personnel
Susanne Abbuehl Voice
Wolfert Brederode Piano
Michel Portal Clarinet
Christof May Clarinet, Bass Clarinet
Lucas Niggli Drums, Percussion

・Official site
Susanne Abbuehl

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。