ECM 1126 Art Ensemble Of Chicago ‘Nice Guys’ (1979)

ECM 1126 Art Ensemble Of Chicago 'Nice Guys' (1979)
ECM 1126 Art Ensemble Of Chicago ‘Nice Guys’ (1979)
・Review
JAの冒頭でfree jazzの到来を感じさせるまさに変幻自在な音の塊である。そして突如と始まる陽気な歌。全体を通して真っ白なキャンバスに様々な色で描いた楽しげな絵という印象。一見ごちゃごちゃしていそうで、実は緻密に、空間と隙間に配置される音。実際やっていることのレベルは非常に高い。とんでもないバンドである。
・Catalogue
・Track list
1.JA(Lester Bowie)
2.NICE GUYS(Roscoe Mitchell)
3.FOLKUS(Don Moye)
4.5 9 7 – 5 9(Joseph Jarman)
5.CYP(Roscoe Mitchell)
6.DREAMING OF THE MASTER(Joseph Jarman)
・Credit
Joseph Jarman Saxophones, Clarinet, Flute, Conch Shell, Vibes, Gongs, Congas, Whistles, Voice
Roscoe Mitchell Saxophones, Flutes, Oboe, Clarinet, Gongs
Malachi Favors Maghostut Bass, Percussion, Melodica
Famoudou Don Moye Sun Percussion
Lester Bowie Trumpet, Celeste, Bass Drum
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。