ECM 2425 András Schiff ‘Franz Schubert’ (2015)

ECM 2425 András Schiff 'Franz Schubert' (2015)
ECM 2425 András Schiff ‘Franz Schubert’ (2015)
・Review

András Schiff(アンドラーシュ・シフ)の最大の貢献を考える。
1.リスナーがその作曲家を再発見し、好きにさせること。

2.ピアノという楽器がこんなにも豊かだと思わせてくれること。

3.総じて、音楽をより美しいものしたこと。
同時代に生きているのであればいつか生でコンサートが見てみたい。

そして本作に関してはこれを付け加えたい。
ジャケットの美しさが目をひく。

・Catalogue
ECM 2425 András Schiff ‘Franz Schubert’ (2015)

・Track list
CD 1
1.UNGARISCHE MELODIE IN H-MOLL D 817(Franz Schubert)
FRANZ SCHUBERT – SONATE IN G-DUR D 894 (OP.78)
2.Molto moderato e cantabile
3.Andante
4.Menuett. Allegro moderato – Trio
5.Allegretto
FRANZ SCHUBERT – MOMENTS MUSICAUX D 780 (OP.94)
6.Moderato
7.Andantino
8.Allegro moderato
9.Moderato
10.Allegro vivace
11.Allegretto

CD 2
1.ALLEGRETTO IN C-MOLL D 915(Franz Schubert)
FRANZ SCHUBERT – VIER IMPROMPTUS D 935 (OP.142)
2.Allegro moderato
3.Allegretto
4.Andante
5.Allegro scherzando
FRANZ SCHUBERT – SONATE IN B-DUR D 960
6.Molto moderato
7.Andante sostenuto
8.Scherzo. Allegro vivace con delicatezza – Trio
9.Allegro ma non troppo – Presto

・Credit
András Schiff Piano

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。