ECM 1871 Michelle Makarski ‘To Be Sung on the Water by Giuseppe Tartini, Donald Crockett’ (2006)

ECM 1871 Michelle Makarski 'To Be Sung on the Water by Giuseppe Tartini, Donald Crockett' (2006)
ECM 1871 Michelle Makarski ‘To Be Sung on the Water by Giuseppe Tartini, Donald Crockett’ (2006)

・Review
Giuseppe Tartini (1692 – 1770) はバロック時代のヴェネツィアの作曲家兼ヴィオリニスト。

これにヴァイオリンとヴィオラのデュオで挑んだ作品。

2曲だけアメリカ人作曲家Donald Crockett(1951) の曲が混ざっており、その楽曲が本アルバムのタイトルにもなっている。
これが1つのアクセントになっており、まさにハイライトという構成。

新旧織り交ぜ、1つのアルバムにパッケージされた良作。アルバムの構成で魅せる、という表現レベルもあるのだと感じだ1枚。

(全曲オリジナルであれば当然だが、時代を超えた他者の曲で、というところがミソ。Hip Hopでは、当たり前の手法だが、クラシックもありなのだな、というよく考えれば当たり前の気づき)

・Catalogue
ECM 1871 Michelle Makarski ‘To Be Sung on the Water by Giuseppe Tartini, Donald Crockett’ (2006)

・Track list
GIUSEPPE TARTINI – SONATA IX A MAJOR1.Largo andante
2.Allegro
3.Allegro assai
4.Menuet
5.Allegro
6.TO BE SUNG ON THE WATER (FOR VIOLIN AND VIOLA)(Donald Crockett)11:30GIUSEPPE

TARTINI – SONATA II D MINOR
7.Siciliana
8.Allegro
9.Allegro affetuoso
10.MICKEY FINN (FOR VIOLIN SOLO)(Donald Crockett)

GIUSEPPE TARTINI – SONATA XIII B MINOR
11.Andante
12.Allegro assai
13.Giga. Allegro affettuosoMichelle Makarski

・Credit
Michelle Makarski Violin
Ronald Copes Viola

・Official site
http://www.donaldcrockett.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。