ECM 1611 Ralph Towner ‘ANA’ (1997)

ECM 1611 Ralph Towner 'ANA' (1997)
ECM 1611 Ralph Towner ‘ANA’ (1997)

 

・Review

染み入る。

スパニッシュなニュアンスから来る郷愁。
孤独な作家がそこに居て、物語を書き付けるようなイメージ。

心に染み込んでくるかのようななんとも言えない音色。

場面は変わり、やや明るい色調を帯び、アルバムは進んで行く
Veldt という曲の面白さ、創造性は突出している。安易な叙情性に逃げていない。

後半は、12弦ギターによる豊かな表情を持った楽曲が続く。

・Catalogue
ECM 1611 Ralph Towner ‘ANA’ (1997)

・Track list
1.THE RELUCTANT BRIDE(Ralph Towner)
2.TALE OF SAVERIO(Ralph Towner)
3.JOYFUL DEPARTURE(Ralph Towner)
4.GREEN AND GOLDEN(Ralph Towner)
5.I KNEW IT WAS YOU(Ralph Towner)
6.LES DOUZILLES(Ralph Towner)
7.VELDT(Ralph Towner)
RALPH TOWNER – SEVEN PIECES FOR TWELVE STRINGS
8.Between The Clouds
9.Child On The Porch
10.Carib Crib (1)
11.Slavic Mood
12.Carib Crib (2)
13.Toru 03:2414.Sage Brush Rider

・Credit
Ralph Towner Classical Guitar, 12-String Guitar

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。