ECM 2345 Kim Kashkashian, Marina Piccinini, Sivan Magen ‘Tre Voci’ (2014)

image-4-php
ECM 2345 Kim Kashkashian, Marina Piccinini, Sivan Magen ‘Tre Voci’ (2014)

・Review
1952年生まれのアメリカ人ヴィオラ奏者Kim Kashkashian、イタリア系アメリカ人のフルート奏者Marina Piccininiとイスラエル出身のハープ奏者のSivan Magenによるトリオ。

Takemitsu, Debussy, Gubaidulinaの楽曲を取り扱っている。

自由自在に動き、絡み、支え合うトリオ。こうした編成で音楽を聴く機会がないため、新鮮に響く。

武満の楽曲は抗い難いほど日本的。西洋のルール、プレイヤーで表現しても、そう。逆にこれは突き抜けてグローバルな楽曲と言えないか。ドビュッシーはソナタ。グバイドゥーリナは抑揚の激しい楽曲。

・Catalogue
ECM 2345 Kim Kashkashian, Marina Piccinini, Sivan Magen ‘Tre Voci’ (2014)

・Track list
1.AND THEN I KNEW ‘TWAS WIND(Toru Takemitsu)
CLAUDE DEBUSSY – SONATA FOR FLUTE, VIOLA AND HARP
2.Pastorale. Lento, dolce rubato
3.Interlude. Tempo di Minuetto
4.Finale. Allegro moderato, ma risoluto
5.GARTEN VON FREUDEN UND TRAURIGKEITEN(Sofia Gubaidulina)

・Credit
Kim Kashkashian : viola
Marina Piccinini : flute
Sivan Magen : harp

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。