ECM 2349 Wolfgang Muthpiel ‘Driftwood ‘ (2014)

image-10-php
ECM 2349 Wolfgang Muthpiel ‘Driftwood ‘ (2014)

・Review
オーストリア出身のギタリストWolfgang MuthpieのECM初リーダー作。腕利きのベースとドラムを加えたトリオ。

Grenadierとは、90年代中頃からGary Burton(ゲイリー・バートン) のバンドでプレイした気心知れた仲間だ。本作品の中における音楽的コミュニケーションも充実している

特徴的なのは、浮遊感のある音響処理と隙間のあるフレージングにより美しい音空間を作り上げている点だ。アコースティックギターを大半で使用している。

アルバムのタイトルにもなっている5曲目Driftwoodのみ3名による共作。残りは全てWolfgang Muthpielによるもの。

・Catalogue
ECM 2349 Wolfgang Muthpiel ‘Driftwood ‘ (2014)

・Track list
1.JOSEPH(Wolfgang Muthspiel)
2.UPTOWN(Wolfgang Muthspiel)
3.CAMBIATA(Wolfgang Muthspiel)
4.HIGHLINE(Wolfgang Muthspiel)
5.DRIFTWOOD(Wolfgang Muthspiel, Brian Blade, Larry Grenadier)
6.LICHTZELLE(Wolfgang Muthspiel)
7.MADAME VONN(Wolfgang Muthspiel)
8.BOSSA FOR MICHAEL BRECKER(Wolfgang Muthspiel)

・Credit
Wolfgang Muthspiel   Guitar
Larry Grenadier   Double Bass
Brian Blade   Drums

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。