ECM 2235 Fly a.k.a. Mark Turner ‘Year of the Snake’ (2012)

image-3-php
ECM ECM 2235 Fly a.k.a. Mark Turner ‘Year of the Snake’ (2012)

・Review
サックス、ベース、ドラムのトリオ。
トリオの構成によるものか、ベースとドラムがしっかり聴こえてくる。
3つの楽器がしっかりと絡み合っていることが感じ取れる。

今まで、トリオはピアノ、ベースそしてドラムと思っていた。
それは違うということを味あわせてくれたトリオ。
面白い。

・Catalogue
ECM ECM 2235 Fly a.k.a. Mark Turner ‘Year of the Snake’ (2012)

・Track list
1.THE WESTERN LANDS I(Mark Turner)
2.FESTIVAL TUNE(Mark Turner)
3.THE WESTERN LANDS II(Mark Turner, Jeff Ballard, Larry Grenadier)
4.BROTHERSISTER(Mark Turner)
5.DIORITE(Jeff Ballard)
6.KINGSTON(Larry Grenadier)
7.SALT AND PEPPER(Jeff Ballard, Mark Turner)
8.THE WESTERN LANDS III(Larry Grenadier, Mark Turner, Jeff Ballard)
9.BENJ(Jeff Ballard)
10.YEAR OF THE SNAKE(Mark Turner)
11.THE WESTERN LANDS IV(Mark Turner, Larry Grenadier, Jeff Ballard)
12.THE WESTERN LANDS V(Jeff Ballard, Larry Grenadier, Mark Turner)

・Credit
Mark Turner :Tenor Saxophone
Larry Grenadier :Double-Bass
Jeff Ballard : Drums

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。