ECM 2357 Mark Turner Quartet ‘Lathe of Heaven’ (2014)

ECM 2357 Mark Turner Quartet ‘Lathe of Heaven' (2014)
ECM 2357 Mark Turner Quartet ‘Lathe of Heaven’ (2014)

・Review
サックス、トランペット、ベースそしてドラムの構成。
揺蕩うような、奔放でありながら、成立するサックス。
トランペットとの絡みが美しい。譲り合ったり、並走したり、交互に顔を出したり。

ドラムも手数の多さが曲を邪魔ないのも不思議。
全般にわたり、よくできている。こういう心地よさもある。

いわゆる北欧系のジャズではないような、あるような。
少しだけいわゆるECMらしさから離れて聞こえる音。でもこれがいい。
何度でも聴ける強度がアルバム全体を貫いている。

・Catalogue
ECM 2357 Mark Turner Quartet ‘Lathe of Heaven’ (2014)

・Track list
1.Lathe Of Heaven
2.Year Of The Rabbit
3.Ethan’s Line
4.The Edenist
5.Sonnet For Stevie
6.Brother Sister

・Credit
Mark Turner : Tenor Saxophone
Avishai Cohen : Trumpet
Joe Martin : Double Bass
Marcus Gilmore : Drums

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。