ECM 1070 Keith Jarrett ‘Arbour Zena’ (1976)

ECM 1070 Keith Jarrett 'Arbour Zena' (1976)
ECM 1070 Keith Jarrett ‘Arbour Zena’ (1976)

・Review
Keith Jarrett (キース・ジャレット)にとっては本作品はおそらく、
そのキャリアにおいて例外的な作品に当たるのだろう。
(彼の輝きの源泉はソロによるインプロヴィゼーションと考えるのであれば)

しかしここで言いたいことは、この作品は私にとって、
ECM Records初期に生み出された傑作の一つであるということだ。

このアルバムには3曲しか曲が収録されていない。
どの曲も15分、9分、27分と長尺である。
しかしどの曲も壮大で、練られており、間延びを感じさせない。

その集積が、結果としてこのアルバムを
一大叙事詩的な物語にすることに成功している。

大名盤だと思う。

・Catalogue
ECM 1070 Keith Jarrett ‘Arbour Zena’ (1976)

・Track list
1.RUNES (Keith Jarrett)
2.SOLARA MARCH (Keith Jarrett)
3.MIRRORS (Keith Jarrett)

・Credit
Keith Jarrett : Piano
Jan Garbarek : Tenor Saxophone, Soprano Saxophone
Charlie Haden : Bass
Members of the RSO Stuttgart
Mladen Gutesha : Conductor

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。