ECM 1880 Jan Garbarek ‘In Praise of Dreams’ (2004)

image-6-php
ECM 1880 Jan Garbarek ‘In Praise of Dreams’ (2004)

・Review
私が持っているJan Garbarek (ヤン•ガルバレク)の音源は今のところこれが最後。
これの作品をリリースされた順に聴き、思ったことを書いてきたがようやくひと段落。

このアルバムの1曲目「AS SEEN FROM ABOVE」は、痺れるぐらいにカッコいい。
またKim Kashkashianによるヴィオラの調べから始まるONE GOES THERE ALONEの素晴らしさ。
サックスとの掛け合いが、美しい。

このメンバーの組み合わせ、好きだ。それぞれがリーダー作をリリースしていることも合わせて付記する。

・Catalogue
ECM 1880 Jan Garbarek ‘In Praise of Dreams’ (2004)

・Track list
1.AS SEEN FROM ABOVE(Jan Garbarek)
2.IN PRAISE OF DREAMS(Jan Garbarek)
3.ONE GOES THERE ALONE(Jan Garbarek)
4.KNOT OF PLACE AND TIME(Jan Garbarek)
5.IF YOU GO FAR ENOUGH(Jan Garbarek)
6.SCENE FROM AFAR(Jan Garbarek)
7.CLOUD OF UNKNOWING(Jan Garbarek)
8.WITHOUT VISIBLE SIGN(Jan Garbarek)
9.ICEBURN(Jan Garbarek)
10.CONVERSATION WITH A STONE(Jan Garbarek)
11.A TALE BEGUN(Jan Garbarek)

・Credit
Jan Garbarek : Saxophones
Kim Kashkashian : Viola
Manu Katché : Drums

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。