ECM 1657 Peter Erskine, Palle Danielsson, John Taylor ‘Juni’ (1999)

image-6-php
ECM 1657 Peter Erskine, Palle Danielsson, John Taylor ‘Juni’ (1999)

・Review
全体を通して感じさせる実験的な香り。
それはつまり、各楽器が一歩踏み込んだ演奏をし、
楽曲として昇華させようとしているからに他ならない。

このリスクを背負ったこのアルバムが好きだ。
しかもこのトリオ、音楽的にもいい。

2局目からジャズ色豊かな楽曲へと流れ、触れ幅の広さを感じさせる。

・Catalogue
ECM 1657 Peter Erskine, Palle Danielsson, John Taylor ‘Juni’ (1999)

・Track list
1.Prelude (John Taylor)
2.Windfall (John Taylor)
3.For Jan (Kenny Wheeler)
4.The Ant & The Elk (Peter Erskine)
5.Siri (Palle Danielsson)
6.Fable (John Taylor)
7.Twelve
8.Namaste (Diane Taylor)

・Credit
Peter Erskine : Drums
Palle Danielsson : Double-Bass
John Taylor : Piano

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。