ECM 1892 Tord Gustavsen Trio ‘The Ground’ (2005)

the-ground
ECM 1892 Tord Gustavsen Trio ‘The Ground’ (2005)

・Review
Tord Gustavsen Trio (トルド・グスタフセン・トリオ )による2005年の作品。

素晴らしい作品だったThe changing placesに続き、本作も素晴らしい。

Twinsの圧倒的な緊張感とその疾走感。
Curtains Asideの音運びに垣間見る遊び心。
Colours Of MercyそしてKneeling Downの気怠さを伴った美しさ。
Interludeのこのアルバムの全体像をくまなく語るソロ。
The Ground、アルバムを締めくくる最終曲に相応しい名曲。

やはりTord Gustavsen Trio(トルド・グスタフセン・トリオ)は間違いのないトリオ。

じっくり味わうようにして聴きたい。
このトリオにはそれだけの価値はあるし、
その時間は充実した時間になるだろう。

・Catalogue
ECM 1892 Tord Gustavsen Trio ‘The Ground’ (2005)

・Track list
1.Tears Transforming
2.Being There
3.Twins
4.Curtains Aside
5.Colours Of Mercy
6.Sentiment
7.Kneeling Down
8.Reach Out And Touch It
9.Edges Of Happiness
10.Interlude
11.Token Of Tango
12.The Ground

・Personnel
Tord Gustavsen : Piano
Harald Johnsen : Double Bass
Jarle Vespestad : Drums

・Official site
Tord Gustavsen  http://www.tordg.no/trio/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。