ECM 1825 András Schiff ‘J.S. Bach: Goldberg Variations’ (2001)

image-php
ECM 1825 András Schiff ‘J.S. Bach: Goldberg Variations’ (2001)

・Review
András Schiff (アンドラーシュ・シフ)、ハンガリー出身のピアニスト。
1952年生まれ。

粒立ちのはっきりしたゴルトベルク、タィム感もよく、曲が生き生きとしている。
まるでゴルトベルクに新たな生命を吹き込んだかのようだ。

これまで様々な人のゴルトベルクは聞いてきた。
それぞれの解釈がまた楽しいのだが(例えばグレン・グールドのマシンのような正確無比なプレイ、高橋悠治の独特のタイム感など)、瑞々しさを感じるシフがいちばん好みだ。

これはすごい。

・Catalogue
ECM 1825 András Schiff ‘J.S. Bach: Goldberg Variations’ (2001)

・Track list
1. Aria
2. Variatio 1
3. Variatio 2 A 1 Clav.
4. Variatio 3
5. Variatio 4
6. Variatio 5
7. Variatio 6
8. Variatio 7
9. Variatio 8
10. Variatio 9
11. Variatio 10
12. Variatio 11
13. Variatio 12
14. Variatio 13
15. Variatio 14
16. Variatio 15
17. Variatio 16
18. Variatio 17
19. Variatio 18
20. Variatio 19
21. Variatio 20
22. Variatio 21
23. Variatio 22
24. Variatio 23
25. Variatio 24
26. Variatio 25
27. Variatio 26
28. Variatio 27
29. Variatio 28
30. Variatio 29
31. Variatio 30
32. Aria

・Credit
András Schif : Piano

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。