ECM 2049 Nik Bärtsch’s Ronin ‘Holon’ (2007)

nik-bartschs-ronin-holon
ECM 2049 Nik Bärtsch’s Ronin ‘Holon’

・Review
1曲目のModul 42、中盤からのリズムの崩し方が恐ろしいことになっている。

ニック・ベルチュの特筆すべき点は、高度に複雑化されたリズムに
メロディを寄り添わせている点にあると感じる。

「リズムの面白さ」にとどまらず、そこにメロディを絡ませ、より音楽的に響かせているのだ。

Module 41_47におけるファンクネスとミニマリズム。
ループするフレーズ。その上に異なるリズムの上物が徐々に重ねられ、
一種の陶酔を与えてくれる。いきなり10分越えの大作。圧巻だ。

Modul 39_8の5:45付近からの楽曲の突き抜け方も凄い。
Modul 46の巧みなアンサンブルも秀逸。

見事なModul 45のキレっぷり。
後に続く数々の名盤の萌芽がここにある。

・Catalogue
ECM 2049 Nik Bärtsch’s Ronin ‘Holon’ 

・Track list
1.Modul 42
2.Module 41_47
3.Modul 39_8
4.Modul 46
5.Modul 45
6.Modul 44

・Credit
Nik Bärtsch : Piano
Sha : Bass Clarinet, Contrabass Clarinet, Alto Saxophone
Björn Meyer : Bass
Kaspar Rast : Drums
Andi Pupato : Percussion

・Nik Bärtsch Official site

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。