ECM 1023 Paul Bley ‘Open, To Love’ (1973)

paul-bley-open-to-love
ECM 1023 Paul Bley ‘Open, To Love’

・Review
1932年生まれ、カナダ出身のピアニスト、Paul Bley (ポール・ブレイ)。

Closerの解体
Ida Lupinoの美しさ
Startedの時間コントロール
Open, To Loveの計算された余韻
Harlemの踊るような音
Sevenの物語性と遊び心
Nothing Ever Was, Anywayの高次の即興性

非常に挑戦的な作品。音楽はいかに自由であるかの戦いである、とでもいうような奔放であり、それを表現しきる卓越した技術の集積であり、白いカンバスに、無造作に描かれたかのような気ままな作品でもある。

これは常軌を逸している。ここにわかりやすさは無い。だから理解に時間がかかるだろうし、かつてプレイヤーだった者だけにわかる奥行きがここにはある。というと少し排他的かもしれない。けれどもこれは傑作だ。もしこれがわかれば、ようこそ、こちらの世界へ、と言いたいのは、私だけではないはずだ。

その意味では、こちらとあちらという、一つの線を引いてしまった作品。誰でも容易にたどり着ける類の音楽では無い。

解るのに数年を費やした。だからどうした、ということではない。わからなくても聴き続けることで、開ける地平があることを教えてくれた作品。

現代では、古典的とも言える音楽の楽しみ方の一つだと思う。
そうか、これはもはや古典なのだ。

・Catalogue
ECM 1023 Paul Bley ‘Open, To Love’

・Track list
1.Closer
2.Ida Lupino
3.Started
4.Open, To Love
5.Harlem
6.Seven
7.Nothing Ever Was, Anyway

・Personnel
Paul Bley : Piano

・Official site
Paul Bley  http://www.improvart.com/bley/

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。