ECM 2056 Ketil Bjørnstad, Randi Stene, Lars Anders Tomter ‘The Light’ (2008)

image-2-php
ECM 2056 Ketil Bjørnstad, Randi Stene, Lars Anders Tomter ‘The Light’

・Review
どこか懐かしい風景を帯びた曲達。

何故こうも郷愁を刺激するのだろう。
1曲目のFire Nordiske Sangerの持つ優しい響き。2曲目Nattenの持つ軽やかさ。とても夜というタイトルが想起できない、透明感のある快活さ。

7曲目のThe Prohibitionが持つ音階の響き上下運動が、感情を揺さぶる。その上をヴォーカルが存分に泳ぎきり、美しいメロディの残照を感じさせる。限りあなる時間を楽しもうとする青春が描かれているよう。しかし一転して、悲しみに満ちたLamentoso。

そして最終曲A Hymn To God The Fatherで辿り着く大いなる慈愛。
これは一大叙事詩。影があっての光ということを教えてくれる壮大な物語。

・Listening

Ketil Bjørnstad – Lamentoso

・Catalogue
ECM 2056 Ketil Bjørnstad, Randi Stene, Lars Anders Tomter ‘The Light’

・Track list
1.Fire Nordiske Sanger: Grensen (The Border)
2.Natten (The Night)
3.Sommernatt Ved Fjorden (By The Fjord)
4.Sommersang (Summer Song)
5.The Light: A Valediction – Of Weeping
6.The Dream
7.The Prohibition
8.Lamentoso
9.The Flea
10.A Noctural Upon St. Lucy’s Day
11.The Sun Rising
12.Air And Angels
13.Love’s Alchemy
14.Break Of Day
15.A Hymn To God The Father

・Recommend
The Prohibition

・Credit
Ketil Bjørnstad : Piano
Randi Stene : Mezzo-Soprano
Lars Anders Tomter : Viola

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。