ECM 1863 Miroslav Vitouš ‘Universal Syncopations’ (2003)

image-9-php
ECM 1863 Miroslav Vitouš ‘Universal Syncopations’

・Review
Miroslav Vitoušのリーダー作。一曲目からノックアウト。
細かく刻むドラムとベースにやったりとしたウワモノ。タイム感が完璧。

ベースの手数の多さが、全く嫌にならない。
過剰さよりも逆に豊かさ、幅広さを感じさせる。

・Listening

Miroslav Vitouš – Universal Syncopations (2003) – full album

・Catalogue
ECM 1863 Miroslav Vitouš ‘Universal Syncopations’

・Track list
1.Bamboo Forest
2.Univoyage
3.Tramp Blues
4.Faith Run
5.Sun Flower
6.Miro Bop
7.Beethoven
8.Medium
9.Brazil Waves

・Credit
Miroslav Vitous : Double-Bass
Jan Garbarek : Soprano Saxophone, Tenor Saxophone
Chick Corea : Piano
John McLaughlin : Guitar
Jack DeJohnette : Drums
Wayne Bergeron : Trumpet
Valerie Ponomarev : Trumpet, Flugelhorn
Isaac Smith : Trombone

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。