ECM 1312 Miroslav Vitouš ‘Emergence’ (1986)

image-10-php
ECM 1312 Miroslav Vitouš ‘Emergence’

・Review
チェコ出身のベーシスト、Miroslav Vitoušによるベース一本でアルバムを通す男気溢れる1枚。

一曲、一曲に様々な工夫が、凝らされていて飽きることがない。
いったいこの人の頭の中はどうなっているのだろうか。

あえて一つ求めるとすれば、わかりやすいテーマ、響くメロディがあればと、思っていたら、
「それならあるよ」と言わんばかりの絶妙なメロディが、耳に飛び込んでくる。

「Variations On Spanish Themes」の哀愁が突き抜け方。
これは最早、叫びだ。

・Listening

Miroslav Vitous-Variations on spanish themes

・Catalogue
ECM 1312 Miroslav Vitouš ‘Emergence’

・Track list
1.Epilogue
2.Tranformation
3.Atlantis Suite: Emergence Of The Spirit
4.Atlantis Suite: Matter And Spirit
5.Atlantis Suite: The Choice
6.Atlantis Suite: Destruction Into Energy
7.Wheel Of Fortune (When Face Gets Pale)
8.Regards To Gershwin’s Honeyman
9.Alice In Wonderland
10.Morning Lake For Ever
11.Variations On Spanish Themes

・Credit
Miroslav Vitous : Bass

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。