ECM 1904 Bobo Stensen ‘Goodbye’ (2005)

bobo-stensen-goodbye
ECM 1904 Bobo Stensen ‘Goodbye’
・Review
スウェーデン生まれのジャズピアニスト、Bobo Stensen (ボボ・ステンソン)の作品。

私は音楽を語る言葉を知らない。だが伝えたい。このアルバムで奏でられている音楽は素晴らしい、と。

特に1曲名 「Send in the clowns」

これは一体なんという名前の音楽なのだろうか。悲しい、楽しいといった価値判断を許さない、河のようにゆったりと過ぎゆく、この世界とは分かれた、一つの時間の流れだ。

ピアノとベースとトラムが、互いにつぶやきあい、
そこには明確な会話があるようで、それでいてないようで、音が絶えることなく漂い、構成され、一つの美しい音として成立していく。

・Video

Bobo Stenson Goodbye

・Catalogue
ECM 1904 Bobo Stensen ‘Goodbye’ 

・Track list
1.Send In the Clowns
2.Rowan
3.Alfonsina
4.There Comes a Time
5.Song About Earth
6.Seli
7.Goodbye
8.Music for a While
9.Allegretto Rubato
10.Jack of Clubs
11.Sudan
12.Queer Street
13.Triple Play
14.Race Face

・Personnel
Bobo Stenson : piano
Anders Jormin : bass
Paul Motian : drums

・Bobo Stenson Official site
http://www.bobostenson.com

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。