ECM 1275 Arvo Pärt ‎’Tabula Rasa’(1984)

arvo-part-tabula-rasa
ECM 1275 Arvo Pärt ‎’Tabula Rasa’
・Review
ただただ素晴らしい。

静謐な音楽を奏でるエストニアの作曲家である
Arvo Pärt (アルヴォ•ペルト)。

Cantus In Memory Of Benjamin Britten における空間がねじれる感覚に襲われる。退廃的な美、と言ったら修辞が過ぎるだろうか。ただ思い出すのは誰だったか、この言葉。

「哀しみは疾走する。涙は追いつけない」

強いて言うならば、ことさら追いつく必要などないのだ。ただ身を任せ、この音に浸っていたい。

この美しく静かな旋律に。

・Live

Arvo Pärt Cantus in memoriam Benjamin Britten – Proms 2010

・Catalogue
ECM 1275 Arvo Pärt ‎/ Tabula Rasa(1984)

・Track list
1.Fratres
2.Cantus In Memory Of Benjamin Britten
3.FratresCello – The 12 Cellists Of The Berlin Philharmonic Orchestra
4.Tabula Rasa

・Credit
Gideon Kremer : Violin
Keith Jarrett : Piano
Tatiana Grindenko : Violin
Staatsorchester Stuttgart
Dennis Russell Davies : Conductor
The 12 Cellists of the Berlin Philharmonic Orchestra
Alfred Schnittke : Prepared Piano
Lithuanian Chamber Orchestra
Saulius Sondeckis   Conductor

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。