ECM 1041 Jan Garbarek / Bobo Stenson Quartet ‘Witchi-Tai-To’ (1974)

Review:
ピアニストCarla Bley(カーラ・ブレイ)、Carlos Pueblaはキューバのシンガーソングライター、トランペッッターDon Cherry(ドン・チェリー)などなど名プレイヤー、アーティストたちの楽曲を端正でありながらもワイルドなトリオに圧倒的な熱量で演奏するサックスが入り混じる対策。一番刺さったのが、タイトル曲でもあるJames PepperのWITCHI-TAI-TOだ。あっという間に耳を持っていかれた一枚。Jan Garbarek (ヤン・ガルバレク)の熱のこもった素晴らしい演奏。40年経っても未だ色褪せず。これぞ音楽の真骨頂だ。

原曲はこちら。James Pepper ‘WITCHI-TAI-TO’

Catalogue:
ECM 1041 Jan Garbarek / Bobo Stenson Quartet ‘Witchi-Tai-To’ (1974)

Track list:
1 A.I.R. (Carla Bley) 08:15
2 KUKKA (Palle Danielsson) 04:32
3 HASTA SIEMPRE (Carlos Puebla) 08:10
4 WITCHI-TAI-TO (James Pepper) 04:24
5 DESIRELESS (Don Cherry) 20:25

Personnel:
Bobo Stenson Piano
Jan Garbarek tenor saxophone, soprano saxophone
Palle Danielsson Double-Bass
Jon Christensen Drums

Website:
Jan Garbarek
Bobo Stenson

ECM 2603 Awase Nik Bärtsch Ronin ‘Awase’ (2018)

Review:
Nik Bärtsch Roninとしては6年ぶりの新作。’Awase’は日本語の「合わせ」からきていることがECM Recordsのオフィシャルサイトの解説からも理解できる。リズム的に外れているようで「合っている」作風からきているのか。

活動名からも読み取れるように、日本の文化の要素を音楽に組み込むこのスイス出身の音楽グループはやはり只者ではない。なお、彼らの曲名は常にMODULEから始まりナンバリングする形式となっているが、楽曲に集中しもらいたいがために匿名性を高めルことを意図していると理解している。

Nik Bärtschを中心に作曲されていて、唯一、3曲目のAについてはSha の作曲となっていてタイトルも通常ルールから外れている。楽曲は熱を持ちながらもそれを抑制するようにストイックに淡々と進む。このある種のミニマリスティックかつ知的なジャズが堪らなくかっこいいい。

Catalogue:
ECM 2603 Awase Nik Bärtsch ‘Awase'(2018)

Track list:
1 MODUL 60 (Nik Bärtsch) 05:08
2 MODUL 58 (Nik Bärtsch) 18:19
3 A (Sha) 08:23
4 MODUL 36 (Nik Bärtsch) 13:37
5 MODUL 34 (Nik Bärtsch) 08:51
6 MODUL 59 (Nik Bärtsch) 11:01

Personnel:
Nik Bärtsch Piano
Sha Bass Clarinet, Alto Saxophone
Thomy Jordi Bass
Kaspar Rast Drums

Website:
Nik Bärtsch
Thomy Jordi

ECM 2578 Nicolas Masson / Colin Vallon / Patrice Moret / Lionel Friedli

‘Travelers’ (2018)
Review:
1972年、スイス、ジュネーヴ生まれのサキソフォニストNicolas Massonのリーダーアルバム。全曲彼の作曲。レイヤーになったリズム、音のグラデーションそして細部にわたるアンサンブル、見事という他ない。私がColin Vallon推しということを贔屓目に見ても。

Catalogue:
ECM 2578 Nicolas Masson / Colin Vallon / Patrice Moret / Lionel Friedli ‘Travelers’ (2018)

Track list:
1 GAGARINE (Nicolas Masson) 03:06
2 FUCHSIA (Nicolas Masson) 07:04
3 ALMOST FORTY (Nicolas Masson) 07:27
4 THE DEEP (Nicolas Masson) 04:07
5 TRAVELERS (Nicolas Masson) 03:43
6 PHILAE (Nicolas Masson) 07:20
7 WOOD (Nicolas Masson) 05:31
8 BLURRED (Nicolas Masson) 04:59
9 JURA (Nicolas Masson) 06:58

Personnel:
Nicolas Masson Tenor and Soprano Saxophones, Clarinet
Colin Vallon Piano
Patrice Moret Double Bass
Lionel Friedli Drums

Website:

Home


http://www.colinvallon.com

ECM 2574 Shinya Fukumori Trio ‘For 2 Akis’ (2018)

Review:
いや、驚いた。宮沢賢治の「星めぐりの歌」、小椋佳(オグラケイ)作曲の「愛燦燦」、瀧廉太郎の「荒城の月」、ソウル・フラワー・ユニオンの「満月の夕」…私はこれらの楽曲が、モダンジャズに変換(昇華)され、ヨーロッパにこういう形で輸出されるとは思ってもみなかった。

楽曲の選択における審美眼、ジャズへの翻訳、それらの体現を考えたとき、福盛進也氏はドラマー、作曲家のみならず、キュレーターとしての素晴らしさを感じざるを得ない。海外はもとより、日本人に対してECM Recordsを通じて、日本文化を再発見させてもらった。

これを許容するマンフレート・アイヒャーあるいはECM Recordsの懐の深さ、耳の良さには驚くばかりだ。

1曲目、HOSHI MEGURI NO UTA 原曲

3曲目、AI SAN SAN 原曲。小椋佳本人が歌っている。

5曲目THE LIGHT SUITE: KOJO NO TSUKI* / INTO THE LIGHT / THE LIGHT 原曲。

8曲目、MANGETSU NO YUBEはソウル・フラワー・ユニオンの「満月の夕」。原曲。

Catalogue:
ECM 2574 Shinya Fukumori Trio ‘For 2 Akis’ (2018)

Track list:
1 HOSHI MEGURI NO UTA (Kenji Miyazawa) 05:03
2 SILENT CHAOS (Shinya Fukumori ) 04:39
3 AI SAN SAN (Kei Ogura) 05:42
4 FOR 2 AKIS (Shinya Fukumori) 02:58
5 THE LIGHT SUITE: KOJO NO TSUKI* / INTO THE LIGHT / THE LIGHT (Rentaro Taki*, Shinya Fukumori) 07:12
6 NO GOODBYE (Walter Lang Junior) 04:58
7 SPECTACULAR (Shinya Fukumori) 03:33
8 MANGETSU NO YUBE (Hiroshi Yamaguchi, Takashi Nakagawa) 03:32
9 ÉMERAUDE (Matthieu Bordenave) 05:21
10 WHEN THE DAY IS DONE (Walter Lang Junior) 04:47
11 HOSHI MEGURI NO UTA (VAR.) (Kenji Miyazawa)

Personnel:
Shinya Fukumori Drums
Matthieu Bordenave Tenor Saxophone
Walter Lang Piano

Website:
https://www.shinyafukumori.com
https://www.matthieu-bordenave.com

home

ECM 2582 Bobo Stenson Trio ‘Contra La Indecisión’ (2018)

Review:
1曲目のCANCIÓN CONTRA LA INDECISIÓNからBoboらしい叙情的なピアニズムを感じるスタート。
なお曲は Silvio Rodríguez (シルビオ・ロドリゲス)というキューバのシンガーの曲。

原曲も素晴らしい。これがBoboの手にかかるとECMサウンドともいうべきものになるのだから。

5曲目のELÉGIE はErik Satie(エリック・サティによる曲)、6曲目は私の好きなFrederic Mompou (フレデリック・マンポウ)、カタルーニャはバロセロナの作曲家。その他は、クレジットを見る限り、ベースのAnders Jorminが中心に作曲をしている様子。

広いレンジで原曲を拾ってきているのがやはり特徴的で、トリオの貪欲な音楽的好奇心を思わせる。Boboはより演者としての深化を突き進めているような、そんな立ち位置と印象。

決して大きく外れない盤石のトリオと言えるだろう。

Catalogue:
ECM 2582 Bobo Stenson Trio ‘Contra La Indecisión’ (2018)

Track list:
1 CANCIÓN CONTRA LA INDECISIÓN (Silvio Rodriguez) 04:12
2 DOUBT THOU THE STARS (Anders Jormin) 07:57
3 WEDDING SONG FROM PONIKY (Béla Bartók) 07:26
4 THREE SHADES OF A HOUSE (Anders Jormin) 07:11
5 ELÉGIE (Erik Satie) 06:11
6 CANCIÓN Y DANZA VI (Frederic Mompou) 05:14
7 ALICE (Bobo Stenson) 06:19 8 OKTOBERHAVET (Anders Jormin) 05:52
9 KALIMBA IMPRESSIONS (Jon Fält, Anders Jormin, Bobo Stenson) 03:12
10 STILLA (Anders Jormin) 04:27
11 HEMINGWAY INTONATIONS (Anders Jormin) 06:40

Personnel:
Bobo Stenson Piano
Anders Jormin Double Bass
Jon Fält Drums

Website:
http://www.bobostenson.com

ECM 2350/2355 Various Artists Selected Signs III-VII (2013)

ECM 2350/2355 Various Artists Selected Signs III-VII (2013)
ECM 2350/2355 Various Artists Selected Signs III-VII (2013)

・Review
2012年から2013年の冬にかけて、ECM – A Cultural Archaeologyと、冠されたエキシビションが開かれた。その為に作成された音源がこちらの作品だ。元々その存在をしらず、ユニオンでばったり見つけたのが始まり。初めてこのCDを中古で見つけた時、驚いた。即購入したのが本作。

CD 1
1曲目は、Heiner Goebbelsの作品からスタート。ドイツ語の語りから始まる。
ECM 1369 Der Mann im Fahrstuhl (1988)に収録された曲だ。
2曲目は、Steve Reich。いつ聴いてもReichはいいなぁ、と思う。
ECM 1129 MUSIC FOR 18 MUSICIANS (1978)の楽曲。こちらでレビュー済み。
続く3、4曲目はArvo Pärtの作品から。アルバムはECM 1275 Tabula Rasa (1984)から。全くその素晴らしさを改めて教えてくれる。こちらでレビュー済み。

・Catalogue
ECM 2350/2355 Various Artists Selected Signs III-VII (2013)

・Track list
CD 1
1.IN EINEM ALTEN FAHRSTUHL (IN AN OLD ELEVATOR)(Heiner Goebbels)
STEVE REICH – MUSIC FOR 18 MUSICIANS
2.Pulse – Sections I-X – Pulse
3.FRATRES (FOR VIOLIN AND PIANO)(Arvo Pärt)
 ARVO PÄRT – TABULA RASA
4.I. Ludus
GYÖRGY KURTÁG – JÁTÉKOK
5.Aus der Ferne (To Alfred Schlee on his 80th birthday)
6.GOTTES ZEIT IST DIE ALLERBESTE ZEIT (SONATINA FROM ACTUS TRAGICUS) BWV 106(Johann Sebastian Bach)
7.TESTAMENT – DEDICATED TO MANFRED EICHER(Tigran Mansurian)
8.NEHARÓT NEHARÓT (FOR VIOLA, ACCORDION, PERCUSSION, TWO STRING ENSEMBLES AND TAPE)(Betty Olivero)
9.C.P.E. BACHS EMPFINDUNGEN – FANTASIE FÜR KLAVIER FIS-MOLL(Carl Philipp Emanuel Bach)
JOSEPH HAYDN – THE SEVEN LAST WORDS OF OUR SAVIOUR ON THE CROSS OP.51, HOB.III.50-56
10.IV. Largo
11.RIVER(Public Domain)
12.SCARED SONG(Meredith Monk)
13.DER CHEF (THE BOSS)(Heiner Goebbels)

CD 2
1.HÖRSTÜCK II (‘ICH MÖCHTE IHNEN EINEN VORSCHLAG MACHEN…’)(Hanns Eisler)
GIYA KANCHELI – VOM WINDE BEWEINT
2.Largo Molto
3.FUNERAL CANTICLE (EXCERPT)(John Taverner)
DIMITRI SHOSTAKOVICH – STREICHQUARTETT NR. 15 OP. 144
4.I. Elegie
5.MOST HOLY MOTHER OF GOD(Arvo Pärt)
6.TRES MORILLAS M’ENAMORAN(Public Domain, Rogers Covey-Crump, Jan Garbarek, Gordon Jones, David James, Steven Harrold)
DIMITRI SHOSTAKOVICH – CHAMBER SYMPHONY OP. 110BIS (ORCHESTRATION BY RUDOLF BARSHAI) (1967)
7.Largo
VALENTIN SILVESTROV – THREE POSTLUDES (1981/82)
8.I. Postludium ‘DSCH’
9.III. Postludium

CD 3
1.VOYAGE (VOYAGE TO CYTHERA)(Eleni Karaindrou)
2.CLOSED ROADS(Eleni Karaindrou)
3.INVOCATION (WHO’S AFRAID OF VIRGINIA WOOLF)(Eleni Karaindrou)
4.TANGO OF LOVE (NUMBER TEN)(Eleni Karaindrou)
5.TOM’S THEME (THE GLASS MENAGERIE)(Eleni Karaindrou)
6.LAURA’S WALTZ (THE GLASS MENAGERIE)(Eleni Karaindrou)
7.ADAGIO (LANDSCAPE IN THE MIST)(Eleni Karaindrou)
8.AFTER MEMORY(Eleni Karaindrou)
9.FAREWELL THEME (THE BEEKEEPER)(Eleni Karaindrou)
10.SEEKING THEME (DUST OF TIME)(Eleni Karaindrou)
11.NOSTALGIA SONG (NUMBER TEN)(Eleni Karaindrou)
12.REQUIEM FOR WILLY LOMAN, VAR. (DEATH OF A SALESMAN)(Eleni Karaindrou)
13.THE WEEPING MEADOW(Eleni Karaindrou)
14.MEMORIES (THE WEEPING MEADOW)(Eleni Karaindrou)
15.DIS(Jan Garbarek)
16.O ANDALUSIN(Amina Alaoui, Jon Balke)
17.ASHIYIN RAÏQIN(Jon Balke, Amina Alaoui)
18.PASSACAGLIA ANDALUZ II(Rolf Lislevand)
19.TOCCATA(Rolf Lislevand)
20.PASSACAGLIA CROMATICA(Rolf Lislevand)
21.ARPEGGIATA ADDIO(Rolf Lislevand)

CD 4
1.UNDERWATER(Andrey Dergatchev)
2.IN THE BEDROOM(Andrey Dergatchev)
3.THE ROAD(Andrey Dergatchev)
4.MUGAM(Andrey Dergatchev)
5.JAPAN(Andrey Dergatchev)
6.PORT(Andrey Dergatchev)
7.REHEARSAL(Andrey Dergatchev)
8.PIANO(Andrey Dergatchev)
9.GEORGIANS(Andrey Dergatchev)
10.FINAL TITLES(Andrey Dergatchev)
11.WOLF(Public Domain)
12.KHMER(Nils Petter Molvaer)
13.TLØN(Nils Petter Molvaer)
14.ACCESS / SONG OF SAND I(Nils Petter Molvaer)
15.ON STREAM(Nils Petter Molvaer)
16.PLATONIC YEARS(Nils Petter Molvaer)
17.PHUM(Nils Petter Molvaer)
18.SONG OF SAND II(Nils Petter Molvaer)
19.CLOSE (FOR COMFORT)(Eivind Aarset)

CD 5
1.EUPHONIA ELEGY(Stefano Battaglia)
2.CELESTIAL FOOD(Christian Fennesz, Iain Ballamy, Thomas Strønen)
3.PRELUDE(Tord Gustavsen)
4.MEMORIA E FADO (MARROM)(Egberto Gismonti)
5.LIKE A LOVER(Dori Caymmi)
6.CRADLE SONG (HOY NAZAN)(Komitas Vardapet)
7.CARTA DE AMOR(Egberto Gismonti)
8.BAIDA(Ralph Alessi)
VASSILIS TSABROPOULOS – TROIS MORCEAUX APRÈS DES HYMNES BYZANTINS
9.I
10.II
11.TELEPATHY(Patrice Moret)
12.SOLEMN MOSQUITOES(Christian Wallumrød)
13.BLOP(Christian Wallumrød)
14.SONG FOR ANIA(Tomasz Stanko)

CD 6
1.CARLA BLEY – FUSION1.Jesus Maria
2.TIME WILL TELL(Barre Phillips, Paul Bley, Evan Parker)
3.MOUNTAINSCAPE V(Barre Phillips, Stu Martin, Dieter Feichtner, John Surman)
4.LONELY WOMAN(Ornette Coleman)
5.THE FOUR POINTS ARE THUS BEHELD(Ale Möller, Paul Dunmall, Robin Williamson)
6.LANGT INNPÅ SKOGA(Sinikka Langeland)
7.PSALM(Frode Haltli)
8.VOICE FROM THE PAST(Gary Peacock)
9.SPIRITUAL(John Coltrane)
10.KULTURE OF JAZZ(Wadada Leo Smith)
11.THE WORLD(Robin Williamson)

・Personnel
Ernst Stötzner Voice
George Lewis Trombone
Arto Lindsay Guitar
Charles Hayward Drums
Steve Reich Ensemble
Gidon Kremer Violin
Keith Jarrett Piano
Tatjana Grindenko Violin
Alfred Schnittke Prepared Piano
Lithuanian Chamber Orchestra
Saulius Sondeckis Márta Kurtág Piano
György Kurtág Piano
Rosamunde Quartett
Kim Kashkashian Viola
Münchener Kammerorchester
Alexander Liebreich
An Raskin Accordion
Philipp Jungk Percussion
Alexei Lubimov Piano
Meredith Monk Vioce, Synthesizer
Nurit Tilles Piano
Josef Bierbichler Voice
Ensemble Modern
Orchester der Beethovenhalle Bonn
Dennis Russell Davies The Choir and Orchestra of The Academy of Ancient Music
Paul Goodwin András Keller Violin
János Pilz Violin
Zoltán Gál ViolaJudit Szabó Violoncello
The Hilliard Ensemble
Jan Garbarek Soprano Saxophone, Tenor Saxophone, Wood Flute, Windharp
Stuttgarter Kammerorchester
Maacha Deubner Soprano
Simon Fordham Violin
Anja Lechner Violoncello
Silke Avenhaus Piano
Jimmy Giuffre Clarinet
Paul Bley Piano
Steve Swallow Double Bass
Evan Parker Tenor Saxophone
Barre Phillips Double Bass
John Surman Soprano Saxophone, Synthesizer
Dieter Feichtner Synthesizer
Stu Martin Drums
Don Cherry Trumpet
Dewey Redman Tenor Saxophone
Charlie Haden Double Bass
Ed Blackwell Drums
Robin Williamson Vocals, Harp
Paul Dunmall Tenor Saxophone, Bagpipes, Ocarina
Ale Möller Hammered Dulcimer, Shawm
Mat Maneri Viola
Mick Hutton Double Bass
Sinikka Langeland Vocals, Kantele
Arve Henriksen Trumpet
Trygve Seim Tenor Saxophone
Anders Jormin Double Bass
Markku Ounaskari Percussion
Frode Haltli Accordion
Maja Solveig Kjelstrup Ratkje Voice
Garth Knox Viola
Tomasz Stanko Trumpet
Gary Peacock Double Bass
Jack DeJohnette Drums
Joe Lovano Tarogato
Steve Kuhn Piano
David Finck Double Bass
Joey Baron Drums
Wadada Leo Smith Trumpet, Cymbals
Vangelis Christopoulos Oboe
Eleni Karaindrou Piano
Sergiu Nastasa Violin
Renato Ripo Violoncello
Stella Gadedi Flute
Marie-Cécile Boulard Clarinet
Sonia Pisk Bassoon
Vangelis Skouras French Horn
Socratis Anthis Trumpet
Maria Bildea Harp
Dinos Hadjiiordanou Accordion
Aris Dimitriadis Mandolin
Camerata Orchestra
Alexandros Myrat
Konstantinos Raptis Accordion
Amina Alaoui Vocals
Jon Hassell Trumpet, Electronics
Kheir Eddine M’Kachiche Solo Violin
Jon Balke Keyboards, ConductorHelge Norbakken Percussion
Pedram Khavar Zamini Zarb
Bjarte Eike Violin, Leader
Barokksolistene Rolf Lislevand Archlute, Baroque Guitar, Theorboe
Arianna Savall Triple Harp, Voice
Pedro Estevan Percussion
Bjørn Kjellemyr Colascione, Double Bass
Guido Morini Organ, Clavichord
Marco Ambrosini Nyckelharpa
Thor-Harald Johnsen Chitarra Battente
Egberto Gismonti GuitarRalph Alessi TrumpetJason Moran Piano
Drew Gress Double Bass
Nasheet Waits Drums
Christian Wallumrød Ensemble
Andrey Dergatchev
Nils Petter Molvaer Trumpet, Guitar, Bass Guitar, Percussion, Samples
Eivind Aarset Guitars, Treatments, Talk box, Bass Guitar, Electronics, Percussion, Samples, Programming
Morten Molster Guitar
Roger Ludvigsen Guitar, Percussion, Dulcimer
Rune Arnesen Drums
Ulf W.O. Holand Samples
Reidar Skar Sound Treatment
Jan Bang Samples, Dictaphone, Programming

ECM 1598 Keller Quartet ‘György Kurtág: Music for String Instruments’ (1996)

ECM 1598 Keller Quartet 'György Kurtág: Music for String Instruments' (1996)
ECM 1598 Keller Quartet ‘György Kurtág: Music for String Instruments’ (1996)

・Review
めちゃくちゃかっこいい。なんだこれは。高音の抜き差しと低音の入り方。不協和音の美しさ。普通の音楽に、飽きたらどうぞこちらの世界へ。

・Catalogue
ECM 1598 Keller Quartet ‘György Kurtág: Music for String Instruments’ (1996)

・Track list
1 AUS DER FERNE III FÜR STREICHQUARTETT (1991) (György Kurtág)
2 OFFICIUM BREVE IN MEMORIAM ANDREA SZERVÁNSZKY OP. 28 (1988/89) (György Kurtág)
3 LIGATURA – MESSAGE TO FRANCES-MARIE OP. 31B (THE ANSWERED UNANSWERED QUESTION) – VERSION 1 (György Kurtág) GYÖRGY KURTÁG – QUARTETTO PER ARCHI OP. 1 (1959)
4 I Poco agitato
5 II Con moto
6 III Vivacissimo. Lento
7 IV Con spirito
8 V Molto ostinato
9 VI Adagio GYÖRGY KURTÁG – HOMMAGE À MIHÁLY ANDRÁS – 12 MIKROLUDIEN FÜR STREICHQUARTETT OP. 13 (1977/78)
10 I
11 II
12 III
13 IV Presto
14 V Lontano, calmo, appena sentito
15 VI
16 VII
17 VIII Con slancio
18 IX Pesante, con moto / Leggiero
19 X Molto agitato
20 XI
21 XII Leggiero, con moto, non dolce
22 LIGATURA – MESSAGE TO FRANCES-MARIE OP. 31B (THE ANSWERED UNANSWERED QUESTION) – VERSION 2 (György Kurtág)

・Personnel
Keller Quartett
János Pilz Violin
Zoltán Gál Viola
Ottó Kertész Violoncello

ECM 1220 Mike Nock ’Ondas’ (1982)

ECM 1220 Mike Nock ’Ondas’ (1982)
ECM 1220 Mike Nock ’Ondas’ (1982)

・Review
1940年生まれニュージランド出身のピアニスト、Mike Nockの作品。耽美的であると同時にどこか乾いた世界観がこの音源全体を覆っている。変わったピアニストである。確かにジャズなのだけど、ジャズではとさまらない、というよりもはみ出たもっと広がりのあるプレイ。

しかしそこにやり過ぎ感やいやらしさ、押し付けがましさがなく、サラリとやっており、非常に好感がもてる知的なプレイ。ベースはBIll Evansを支えたEddie Gómez、ドラムはBobo StensonやKeith Jarrettとのプレイが忘れられないJon Christensenという布陣。そしてベースとドラムの一歩引くスタンス。目立たないけれど、決定的な仕事を各所でしている。あくまでピアノが主役な音であると理解し、各々の華やかさを上手に抑制しまとまったトリオとなっている。それは必要最小限の音で表現する枯山水のようなプレイとも言え、美しい。一歩引くという意思表示によってもたらされる美。

では、主役のピアノはどうだろうか。これだけ抒情的で、耽美的でありながらエモーションに溺れず堅実に、むしろ反対のドライさら若干醸し出すミニマルなプレイ。なんだこのバランスは。

物憂い気だるさが通底するForgotten Love
Ondasの瑞々しく美しいトリオ
Visionaryの洒落た崩し方
Land of The Long White Cloudはまるで映画のサウンドトラックかのような泣きのメロディとスケール感
トリオの表現が存分に発揮されたDoors

一曲一曲が長く計5曲収録。一曲が短い小作品をたくさん聴いてみたいと思わせるピアニスト。イメージがしやすい音なので映画向きか、とすら思う。

あまり知られていないが、傑作だと思う。

・Catalogue
ECM 1220 Mike Nock ’Ondas’ (1982)

・Track list
1 FORGOTTEN LOVE (Mike Nock)
2 ONDAS (Mike Nock)
3 VISIONARY (Mike Nock)
4 LAND OF THE LONG WHITE CLOUD (Mike Nock)
5 DOORS (Mike Nock)

・Personnel
Mike Nock piano, percussion
Eddie Gómez bass
Jon Christensen drums

・Website
Mike Nock http://www.mikenock.com

Steve Lake, Paul Griffiths ‘Horizons Touched : The Music Of ECM’ (2007)

Steve Lake, Paul Griffiths 'Horizons Touched : The Music Of ECM' (2007)
Steve Lake, Paul Griffiths ‘Horizons Touched : The Music Of ECM’ (2007)

Steve LakeとPaul Griffithsの共著。

Steve Lakeは1951年イギリスのエセックス生まれ。1978年にECM Recordsに参画。主にライター、ウェブエディターそしてプロデューサーとしては、Evan Parker, Barre Philips, Paul Bley, Wadada Leo Smith, John Surman, Robin Williamson,Trevor Watts, Hal Russellなどのアーティストを手掛けた経験を持つ。

Paul Griffithsは1947年ウェールズ生まれの音楽批評家。作家としても数々の著作を残している。二人の出身からだろうか、本作はロンドンのGrante Booksからの出版。Indexを含め439ページにわたる。全編英語。

内容としてはManfred Eicherのインタビュー、世界の音楽ライターによる2oのエッセイ、100人以上のアーティスト、コンポーザー、エンジニアからの証言、そしてリリースアルバムのカバーと解説が網羅された一冊。

濃密な一冊だ。全てのECMファンに読んでもらいたい。あまりネタバレは良くないが、アイヒャーのインタビューに日本人が登場する部分がとても微笑ましい。

・Catalogue
Steve Lake, Paul Griffiths ‘Horizons Touched : The Music Of ECM’ (2007)

ECM RecordsをECM Records たらしめるものについて

ECM RecordsをECM Records たらしめるものはなにか。この問いの答えははっきりしている。

1963年にECM Recordsを立ち上げた創業者であり、リリースされた音源の多くをプロデュースしているManfred Eicher (マンフレート・アイヒャー)、その人である。

影響力の大きいレーベルでありながら、その実、その方向性、音楽的クオリティは全てManfred Eicher (マンフレート・アイヒャー)によりコントロールされている。

まず入り口として、彼が気に入った音しか、リリースされていないのがECM Recordsである。つまりリスナーは彼の耳を通じて音楽を聴いているのだ。

つまりECM RecordsのファンはManfred Eicher (マンフレート・アイヒャー)の審美的判断に、賛同している人達ということができると思う。

言い換えれば、Manfred Eicher (マンフレート・アイヒャー)の耳を信頼できる人がECM Recordsの音源を聴いているといっていい。

そういうレーベルなのだ、ECM Recordsは。 諸々のテキストを読み込んでいると、あるいはそのプロデュース観を読み解くと、そういう結論にたどり着く。

1人の個人がなしうる最高の形としての音楽的セレクトショップ。それがECM Recordsの形。

しかし音楽は続くが故に1つの疑問が頭によぎる。Manfred Eicher (マンフレート・アイヒャー)が、いなくなったとしたら、ECM Recordsは一体どこへ向かって行くのだろうか。

ECM 1650 Various Artists ‘Selected Signs 1: An Ecm Anthology’ (1997)

ECM 1650 Various Artists 'Selected Signs 1: An Ecm Anthology' (1997)
ECM 1650 Various Artists ‘Selected Signs 1: An Ecm Anthology’ (1997)

・Review
ECM Recordsのオムニバス。
1曲目はECM 1626 Tomasz Stanko Septet ‘LITANIA – MUSIC OF KRZYSZTOF KOMEDA’ (1997)からの曲。このアルバムは持っていないのだけれど、とてもかっこいい。調べてみるとメンツが素晴らしい。納得のクオリティ。

2曲目はECM 1616 Dino Saluzzi ‎’Cité De La Musique’ (1997)からの曲。これも持っていない。間を生かした素晴らしいソロ。

3曲目はECM 1596 Misha Alperin ‘North Story’ (1997) 収録曲。このアルバムも持っていない。少ない音数で構成された静かで美しい曲。

4曲目はECM 1611 Ralph Towner ‘ANA’ (1997)に収録された曲。このアルバムはこの記事でレビュー済み。

5曲目はECM 1631 Arild Andersen ‘Hyperborean,’ (1997)収録作品。未所持の作品だ。ベースとアンビエント音が肝で、キメの細かい高速のドラムタッチが心地よい。

6曲目はECM 1603 Tomasz Stanko, Bobo Stenson, Anders Jormin, Tony Oxley ‘Leosia’ (1997)収録作品。本作は未所持。しかし素晴らしい。。。

7曲目はECM 1559 Marilyn Mazur’s future song  ‘Small Labyrinths’ (1997)に収録された曲。未所持。

8曲目はECM 2176  Charles Lloyd Quartet ‘Mirror’ (2010)の収録作品。未所持。年代がこれだけ新しい。

9曲目は不明。

10曲目はECM 1607 Kenny Wheeler, Lee Konitz, Dave Holland, Bill Frisell ‘Angel Song’ (1997)からの作品。このアルバムはこの記事でレビュー済み。

11曲目はECM 1622 Michael Cain, Ralph Alessi, Peter Epstein ‘Circa’ (1997)に収録された曲。未所持。

12曲目はECM  1637  Jack DeJohnette, Jerome Harris, Don Alias, Michael Cain ‘Oneness’ (1997)からの作品。未所持。パーカッションが特に面白い。曲への色付けに成功している。

13曲目は1曲目と同様ECM 1626 Tomasz Stanko Septet ‘LITANIA – MUSIC OF KRZYSZTOF KOMEDA’ (1997)からの曲。

14曲目はECM 1626/27 Marilyn Crispell, Gary Peacock, Paul Motian ‎’Nothing Ever Was, Anyway. Music Of Annette Peacock’ (1997)収録曲。未所持。こんな音源もあったのかという驚きが強い。

14曲中、所持したアルバムが2曲のみ。どの曲も秀逸。こうした出会いにオムニバスの価値があるのか、と思った1枚。

・Catalogue
ECM 1650 Various Artists ‘Selected Signs 1: An Ecm Anthology’ (1997)

・Track list
1.SVANTETIC(Krzysztof Komeda)
2.GORRIÓN(Dino Saluzzi)
3.MORNING(Misha Alperin)
4.TALE OF SAVERIO(Ralph Towner)
5.HYPERBOREAN/PATCH OF LIGHT(Arild Andersen)
6.MORNING HEAVY SONG(Tomasz Stanko)
7.CREATURE TALK(Audun Kleive, Marilyn Mazur)
8.DESOLATION SOUND(Charles Lloyd)
9.MOTHERLESS CHILD(Traditional)
10.PAST PRESENT(Kenny Wheeler)
11.SIEGFRIED AND ROY(Michael Cain)
12.FREE ABOVE SEA(Michael Cain, Don Alias, Jack DeJohnette, Jerome Harris)
13.SLEEP SAFE AND WARM(Krzysztof Komeda)
14.NOTHING EVER WAS, ANYWAY. (VERSION 1)(Annette Peacock)

私がECM Recordsについて1番すごいと思うことについて

それは再生してから音が鳴り始めるまでの5秒間の沈黙だ。

なぜか。まずはエンジニアリングの観点から述べよう。音楽を作るまでのプロセスは端的に次のように言えると思う。

1.作曲
2.レコーディング
3.ミックス
4.マスタリング

タイトルにある5秒間は最終工程である4のマスタリングによって決定される。まずそういう背景がある。

そしてセールスの観点から述べる。最も基本的な購買の流れは次のようになる。

1.ある媒体によってあるアーティストまたはアルバムの存在を知る
2.購入する。

実は1と2の間に、購入者とアーティストとの関係性により、アクションは分岐する。

例えば次のように。

1.ファンなので視聴せずに買う。
2.視聴して買う。

問題は、「視聴する」に分岐したリスナーに対しての音楽業界のアプローチにある。例えばTOWER RECORDSでの購買体験を想像してほしい。すなわち視聴である。現代人は忙しい。聴くべき音楽は山ほどある。競合がYoutubeという時代だ。そうした前提に立った上で、視聴機のヘッドフォンから流れてくる音は次のような音である。

1.CD自体の音量がそもそも大きい。
2.わかりやすいように音に過度な色付けがなされている。

理由はシンプルで、売り手側からすれば、開始10秒以内にリスナーの心を掴む必要があるからだ。不思議と音が大きい方が、カッコ良く聞こえるし、ジャンルにもよるがドンシャリは、迫力があるように聞こえる。

その背景として、エンジニアリングの領域にも次のことが起こっている。

1.音圧戦争というギリギリまでCDに音量を詰め込む無為な争いがもう何年も続いている。(15年前の音源聴き比べてみてほしい、違いは明らかだ。)

2.結果として、音楽的豊かさの一因であるダイナミクスが失われた作品が多い。(ダイナミクスを平たく言うと音の奥行きと広がりである。)

このセールスとエンジニアリングのアプローチに抗っている硬派なレーベルがある。言わずもがな、ECM Recordsである。音を止めることには、勇気がいる。音を鳴らしてメシを食う業界なわけだ。音が鳴らない、は事故に等しい。

でもそれをやる。「沈黙の次に最も美しい音楽」というコンセプトとしての無音(≒ 沈黙)以上に、すぐに再生されない無音に込められた密やかな反骨精神が、私を惹きつけてやまない。(ちなみにこの無音の数秒間は、レコードに針を乗せて再生にまでにかかる時間、音がで始める前の手続きをデジタルで表現しているのではないか、という仮説を私は持っているがいかがだろうか。つまり現代では「失われてしまった時間」とも言える。)

最後に私的視聴体験を述べよう。

1.再生する。
2.しばし待つ。
3.無音が私のスイッチとなり、私は目を瞑る。
4.沈黙を優しく切り裂く1音目が鳴る。

そして私はECM Recordsの透明な音の世界に包まれる。

全てを忘れて。

私がどうやってECM Records の音源を毎日1枚聴き続けることが出来たか

私は365日1日1枚ECM Records (ECM レコード)の音源を聴き、レビューするというプロジェクトを実行し完了した。(とても長い旅のようであり、あっという間であった。)なお、音源全ては全て身銭を切った。それがECM Recordsの音源にコミットする資格と勝手に位置づけていたからだ。(経済的にはそれが苦難の始まりであったが…)これは良きアーティストに対して、良きリスナーでいたいという矜持でもある。

私の自己紹介を改めてすると30代中盤に差し掛かろうとしており、同い年の妻と共働きの3人家族である。(このプロジェクトの途中に子供が生まれ妻は育休中となった。)当然稼ぎは多くはないし、このプロジェクトの継続には原資捻出のための様々な工夫が必要だった。そんな私がECM Recordsの音源をどのように調達し本プロジェクトを継続したかをシェアしたいと思う。ECM Recordsに限らず私と似た「重度な音楽好き」な方々の為にこの記事を書きたい。

どのようにしてECM Records の音源を調達したかを調達コストの順に記載したい。なお音源の形式はCDでありレコードではない。また元々持っていた音源を除き、最もローコストで、入手できるものから手をつけ、トータルコストの低減を図るというのが私の戦略であった。ローコストで入手できるものこそ、わかりやすい歴史的名盤であるという経済学的論理に大いに助けられた。(予断だが、名盤にもわかりやすい名盤と、ミュージシャンズミュージシャンという名盤の2つがあると考えている。)では調達先を列記して行く。

1.TSUTAYAでレンタル。
大御所あるいかつジャズの名作に分類されるものであれば、最も安くECM Records の音源を調達できるのがTSUTAYAだと思う。しかも当然だが名盤揃いである。旧作CD5枚レンタルで1,000円だから1枚あたり250円と新品で買うよりもおよそ10分の1だ。ECM Recordsに限らず、ジャズやクラシックにおける歴史的な名盤をこのコストで調達できるTSUTAYAには感謝の念しかないし、こういう会社がインフラ化している日本は「素晴らしい国だなぁ」としみじみ思える瞬間である。なおここで入手できる音源で言えば、Keith Jarrett などがその筆頭だ。

2.JANIS(ジャニス)でレンタル。
「音楽の図書館」を標榜する御茶ノ水にあるレンタルCD屋さん。(中古販売もあり。)TSUTAYAと異なり、かなりマニアックな音源を取り揃えている。10代の頃、友人に教えてもらってから、もう10年以上通っていて、長い間お世話になっている。

オフィシャルサイトはこちら。http://www.janis-cd.com

心強いのがECM Records の専用コーナーもあること。そしてNew Seriesを豊富に取り揃えている点だ。コスト面では非常に有難いお店だ。10分の1に近い金額でマニアックなECM Records の音源を調達することが出来るのだから。

このお店の嬉しい特徴を、少し深掘りすると次の3点である。

a.全ての音源が視聴できる
b.5のつく日は金券半額バック。例えば該当日に5,000円分レンタルすると、次回使える2,500円分の金券がもらえる、といった具合である。
c.マニアックな音源多数

例えばKeith Jarrett のBlue Noteのライブ音源や映画sound and silence等はここで借りることが出来たし、Nee Series の音源はここで随分お世話になった。

3.Amazon経由で直輸入。
上記2店舗で拡充できないものについては、新品との価格差が大きいもの限ってAmazonで購入した。入手までのリードタイムはあるが、国内盤より明らかに安価なものが多数ある。指名買いで非常に有効だ。

4.Amazonです 中古を探す。
1円で販売されているものも少なくない。が、そうしたものは安価に流通しているものだったりする。それでも新品より安価である。指名買いであれば嬉しい購入方法。

5.ユニオンの中古コーナー
特に御茶ノ水店、新宿店にはよく掘りに行った。ともあれ平均単価は1,500円ほどか。価格競争力はAmazonの中古と比べてないのが実態だ。ここの魅力は、思ってもなかったものと遭遇することが最大の魅力である。いわばジャケ買いをはじめとするまったく知り得ない音源との出会いが期待できる。顕著な例でいうとECM SELECTED SIGN 等はここで出会った。

6.タワレコで、新品購入。
最新の作品が主な対象である。こればかりは仕方ない。例えばCraig Tabornの新譜など。その他として私はまだ試していないのだが、Spotifyをはじめとする定額のストリーミングが選択肢に入る方もいるだろうが、音質の観点で私は使用していない。個人的にはMP3の音質の悪さが耳についてしまい、耐えられないのだ。ECM Recordsは録音芸術でもある。再生環境にもよるが、CDで楽しんだ方がいい。

まとめ
こんな形で、コストの最小化を計り、時に狙い撃ち、時に制約下での出会いあり、時に博打?を打つような形で音源を聴いてきた。以上が私のブログのレビューがアトランダムになった理由であり、アーティストのリリース時系列が崩れている理由でもある。すなわち一期一会であった。そしてこれはあくまで入手の仕方であり、原資となる予算については、他人からすれば涙ぐましい諸々の施策を、複数講じてなんとか捻出したのが現実である。

例えば、次の節約方法で月額約30,000円を浮かすことができ、結果、音源の調達に大いに役立った。まさに「災い?転じて福となる」である。(一年間に換算すると約36万円であり、365枚の音源を調達する金額に辻褄が合う。つまりプライベートな生活にまったくダメージを与えずに済んだ。予算オーバーの可能性がある月は、後述する究極の方法で乗り切った。)節約したことは以下である。

1.会社へ水を持参し、自販機で飲み物を買わないようにした。
→月額 約3,000円のインパクト

2.出勤方法を電車から自転車にし、交通費を節約する方法
→月額約10,000円のインパクト

3.外食を徹底的に控える方法
→月額約3,000円のインパクト

4.購読冊子の2紙の解約
→月額約1,500円のインパクト

5.格安スマホへの切り替え
→月額約5,000円のインパクト

6.タバコを1日10本制限
→月額約4,600円のインパクト

7.新聞を1紙解約
→月額約2,000円のインパクト

加えて、究極の原資調達方法は次である。
「購入したECM RecordsのCDを売却する」

これによって得られた金額を新しい音源を購入する原資あるいは想定以上の支出の補填とした。しかしコレクション前提の人は難しいかもしれない。私はあくまで「視聴体験」に重きを置いていたので所有欲はない。なのでこれは人によってはお薦めな方法論だ。

こうした性格に加え、私の経済力と家のスペースでは厳しいと言わざるを得ないのが現実である。(無論、お気に入りは数枚残している。Arvo Part等)こうした地道な積み重ねにより、できる限り家族に迷惑をかけないようにした次第である。おかげでこのプロジェクトが終えた今、家計がかなりスリムになったくらいである。(おかげでプロジェクト中にECM Records のアーティストでもあるSteve Reichのライブに行くこともできた。)

本編とは関係ないが、家計の参考になれば嬉しいし、ECM Records を聴き込みたい、という人の参考になればなお嬉しい。

365日、1日1枚ECM Recordsの作品を聴き続けてきた

遡ることちょうど一年前の今日、365日、1日1枚ECM Records (ECM レコード)の音源をレビューをするというプロジェクトを始めた。

それが昨日、終わった。

きっかけは些細であった。(始まりはいつもひょんな形で始まるものだ。)しかし始まってしまえば、途端いそれに熱中した。とても長い道のりだった。言葉を変えれば、このプロジェクトは旅のようなものであった。それは新たな人、風景との出会い、そして新たな発見に満ちた旅であった。丸一年間もの間、私の生活におけるあらゆる場所で、ECM Recordsが鳴り響いていた。

その過程では、音楽(と自分の感じたこと)を言語化することの難しさにぶつかり、はたまた自身の語彙の少なさに驚愕した。(しまいには思ったことを、思ったままに書くことになる。いわゆる思考のダダ漏れである)あるいは、仕事の繁忙によって時間との戦いになったことも、忙しく更新が滞ったこともあった。しかし、なんとかかんとか、やり遂げ、昨日を迎えた。

自分に問うてみる。

旅はここで終わったのだろうか。

否、である。

プロジェクトは終わり、しかして旅は続く。

人がいる限り、音楽は鳴り止むことを知らないからである。そしてECM Recordsは「過ぎ去る音楽」ではなく「そこに留まる音楽」であり、また「味わう音楽」でもある、というのが今回の旅で持ち帰ってきたECM Recordsの姿である。

したがって1日1枚という聴き方はECM Recordsにふさわしくないのでは、という想いと次々と現れる新たな音との出会いに日々夢中になったという相反する想いを頂いた日々を過ごした。本プロジェクトは終わったが、もう一度残したテキストとともに聴き込んでみたいと思う。そのときにECM Records の音源たちは新たな側面を鮮やかに響かせてくれるだろう。

なぜなら良質な音楽は、求めれば応えてくれる「豊かさ」を兼ね備えている。「自由さ」と言い変えてもいいし、「包容力」と言い換えてもいいかもしれない。故に、聴き方、感じ方、あるいは聴き手の言語表現の幅や感情表現の幅など、時とともに変わるすべてを映し出す力を、音楽は持っているように思える。その素晴らしい音楽が、私をいつでも待っていてくれる、という発見こそがこの旅における最大の収穫であるように思う。

このプロジェクトの本質は、コレクションではなく、体験なのである。
「生きるという特有の苦しみを生きる」という私の実感に、実に多くの慰みと喜びを与えてくれた。

最後に。

ECM Recordsの存在と、これらの素晴らしい音源に出会えた幸運に感謝したい。このブログでランダムに取り上げた音源は、いずれも美しく、そしてなんらかの発見と学びがあった。

また、これらの充実した、贅沢な音楽体験は、家族の協力なしでは、到底叶わなかった。なぜならこのブログで取り上げた音源は全てレンタルするか購入したもののみを取り上げている。よってコストのかかるプロジェクトを暖かい目で見守ってくれた妻に感謝したい。本日より妻との元々の約束通り、改めて倹約生活に戻ることにする。(来年四月から娘が保育園へ通い始める予定なのだ。)

そして、自分のアーカイブの為に、はじめたプロジェクトだったが、世界中の人々がこのブログにアクセスしてくれた。(次第にECM Records をもっと他の人に知ってもらいたいと願うように私も変化したし、世界中の人がECM Records が好きなんだなぁ、と改めて実感した。)

これからは自分のペースとタイミングで気ままに更新していくつもりである。(上述したように、再度の全ての音源を振り返り、過去記事のテキストもアップデートしていくし、カテゴリーの整理などもまだ終わりきっていない。 特にECM関連の書籍などは特に時間をかけて読み解いていきたいし、英語、ドイツ語の記事の翻訳をしても面白いだろう。)

つまり、終わりとは常に何かの始まりである。

新たなプロジェクトが、また1年限定で今日から始まる。物事は移り変わっていくが、変わるものと変わらないものがある。少しカッコよく言えば「ECM Records と共に生きる」ことは、変わらないもののように思える。(それほどECM Records が切り開いた音楽的地平の広さと文化的な深さは、果てのないもので、この一年でECM Records と私の私的な関係は、より分かち難いものとなった。)

だから、きっとまた明日もECM Recordsの音源を聴いている。

そうして私は年を取っていく。
そして、それでいいと思っている。

2017年9月1日 Tord Gustavsen Quartet ‘On Every Corner’を聴きながら

ECM 2000 András Schiff ‘Ludwig van Beethoven : The Piano Sonatas’ (2016)

image-8.php.jpeg

・Review
11枚組の大作。

本作についてAndras Schiffが残しているテクストは以下である。

知性や精神を通して音楽テクストに深く入り込むと、そこには未だ秘密があり、挑戦すべきことが隠されているのがすぐに分かります。テクストを正しく読み、それに応じて作品を演奏するという労をいとわないならば、音楽はまったく新しく聞こえてくるのです。

 

同様に英語ではこんなコメントを残している。

“The Beethoven sonatas can be logically divided into three distinct groups: early, middle and late. To me, playing them in chronological order is most convincing and deeply satisfying. Among the thirty-two there is not one weak link. And this way the listener is able to follow the process of evolution, step by step. It is a learning experience; we are fellow travellers on a fantastic voyage.”

概ねこのように訳せると思う。

べートーヴェンのソナタは必然的に、初期、中期、そして後期といった3つの明確な区分分けがされて胃ると言えます。これを時系列に沿って演奏することは、私にとって最も自然で深い満足感をもたらしてくれるものなのです。その32に別れたソナタはいずれも強く結びついており、時系列に沿って演奏することは、リスナーは次第に進化している楽曲の過程を追うという追体験を可能にします。その意味では、私たちは素晴らしい旅を共にする同じ旅人なのです。

 一ヶ月かけて聴いてもいい。時間をかけてべートーヴェンの、あるいはシフの辿った道を追ってみる。これもまたある1つの幸せであると、言えないだろうか。

・Catalogue
ECM 2000 András Schiff ‘Ludwig van Beethoven : The Piano Sonatas’ (2016)

・Track list
CD 1
LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 1 IN F MINOR, OP. 2/1
1.Allegro
2.Adagio
3.Menuetto. Allegretto
4.Prestissimo

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 2 IN A MAJOR, OP. 2/2
5.Allegro vivace
6.Largo appassionato
7.Scherzo. Allegretto
8.Rondo. Grazioso

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 3 IN C MAJOR, OP. 2/3
9.Allegro con brio 11:0810.Adagio 07:2111.Scherzo. Allegro 03:1912.Allegro assai

CD 2
LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 4 IN E-FLAT MAJOR, OP. 7
1.Allegro molto e con brio
2.Largo, con gran espressione
3.Allegro
4.Rondo. Poco allegretto e grazioso

CD 3
LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 5 C MINOR OP 10/1
1.Allegro molto e con brio
2.Adagio molto
3.Finale. Prestissimo

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 6 F MAJOR, OP. 10/2
4.Allegro
5.Allegretto
6.Presto

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 7 D MAJOR, OP. 10/3
7.Presto
8.Largo e mesto
9.Menuetto. Allegretto
10.Rondo. Allegro

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 8 C MINOR, OP. 13
11.Grave. Allegro molto e con brio
12.Adagio Cantabile
13.Rondo. Allegro

CD 4
LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 19 G MINOR, OP. 49/1
1.Andante
2.Rondo. Allegro

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 20 G MAJOR, OP. 49/2
3.Allegro, ma non troppo
4.Tempo di Menuetto

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 9 E MAJOR, OP. 14/1
5.Allegro
6.Allegretto
7.Rondo. Allegro comodo

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 10 G MAJOR, OP. 14/2
8.Allegro
9.Andante
10.Scherzo. Allegro assai

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 11 B FLAT MAJOR, OP. 22
11.Allegro con brio
12.Adagio con molta espressione
13.Minuetto
14.Ronde. Allegretto

CD 5
LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 12 A-FLAT MAJOR, OP. 26
1.Andante con Variazioni
2.Scherzo. Allegro molto
3.Marcia funebre sulla morte d’un Eroe
4.Allegro

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 13 E-FLAT MAJOR, OP. 27/1
5.Andante – Allegro – Tempo I
6.Allegro molto e vivace
7.Adagio con espressione
8.Allegro vivace
LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 14 C-SHARP MINOR, OP. 27/2
9.Adagio sostenuto
10.Allegretto
11.Presto agitato

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 15 D MAJOR, OP. 28
12.Allegro
13.Andante
14.Scherzo. Allegro ma non troppo
15.Rondo. Allegro ma non troppo

CD 6
LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 16 IN G MAJOR, OP. 31/1
1.Allegro vivace
2.Adagio grazioso
3.Rondo. Allegretto

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 17 IN D MINOR, OP. 31/2 ‘THE TEMPEST’
4.Largo – Allegro
5.Adagio
6.Allegretto

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 18 IN E-FLAT MAJOR, OP. 31/3 ‘THE HUNT’
7.Allegro
8.Scherzo. Allegretto vivace
9.Menuetto. Moderato e grazioso
10.Presto con fuoco

CD 7
LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 21 IN C MAJOR, OP. 53 ‘WALDSTEIN’
1.Allegro con brio
2.Introduzione. Adagio molto
3.Rondo. Allegretto moderato
4.ANDANTE FAVORI F MAJOR WOO 57 – ANDANTE GRAZIOSO CON MOTO(Ludwig van Beethoven)

CD 8
LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 22 F MAJOR, OP. 54
1.In Tempo d’un Menuetto
2.Allegretto

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 23 F MINOR, OP. 57 “APPASSIONATA”
3.Allegro assai
4.Andante con moto
5.Allegro ma non troppo

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 24 F-SHARP MAJOR, OP. 78 “À THÉRÈSE”
6.Adagio cantabile – Allegro ma non troppo
7.Allegro vivace

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 25 G MAJOR, OP. 79
8.Presto alla tedesca
9.Andante
10.Vivace

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 26 E-FLAT MAJOR, OP. 81A “LES ADIEUX”
11.Das Lebewohl. Adagio – Allegro
12.Abwesenheit. Andante espressivo
13.Das Wiedersehen. Vivacissimamente

CD 9
LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 27 E MINOR, OP. 90
1.Mit Lebhaftigkeit und durchaus mit Empfindung und Ausdruck
2.Nicht zu geschwind und sehr singbar vorgetragen
LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 28 A MAJOR, OP. 101
3.Etwas lebhaft und mit der innigsten Empfindung. Allegretto, ma non troppo
4.Lebhaft, Marschmäßig. Vivace alla Marcia
5.Langsam und sehnsuchtvoll. Adagio, ma non troppo, con affetto
6.Geschwinde, doch nicht zu sehr, und mit Entschlossenheit. Allegro

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 29 B-FLAT MAJOR, OP. 106 ‘HAMMERKLAVIER’
7.Allegro
8.Scherzo. Assai vivace
9.Adagio sostenuto
10.Largo – Allegro risoluto

CD 10
LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 30 E MAJOR, OP. 109
1.Vivace, ma non troppo – Adagio esspressivo
2.Prestissimo
3.Gesangvoll, mit innigster Empfindung. Andante molto cantabile ed espressivo

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 31 A-FLAT MAJOR, OP. 110
4.Moderato cantabile molto espressivo
5.Allegro molto
6.Adagio ma non troppo – Fuga. Allegro ma non troppo

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATA NO. 32 C MINOR, OP. 111
7.Maestoso – Allegro con brio ed appassionato
8.Arietta. Adagio molto semplice e cantabile

CD 11
FRANZ SCHUBERT – THREE PIANO PIECES, D. 946
1.No. 1 e-flat minor. Allegro assai
2.ALLEGRETTO C MINOR D 915(Franz Schubert)
3.EINE KLEINE GIGUE IN G MAJOR KV 574(Wolfgang Amadeus Mozart)

JOSEPH HAYDN – SONATA IN G MINOR, HOB. XVI:44
4.Moderato
5.Allegretto
6.HUNGARIAN MELODY IN B MINOR D 817(Franz Schubert)
LUDWIG VAN BEETHOVEN – ANDANTE FAVORI F MAJOR WOO 57.
7.Andante grazioso con moto

JOHANN SEBASTIAN BACH – PARTITA NO. 1 IN B-FLAT MAJOR, BWV 825
8.Menuet I & II
9.Gigue

JOHANN SEBASTIAN BACH – PRELUDE AND FUGUE B-FLAT MINOR, BWV 867
10.Prelude
11.Fugue

・Personnel
András Schiff Piano

ECM 1819/20 András Schiff, Miklós Perényi ‘Ludwig van Beethoven: Complete Music For Piano And Violoncello’ (2004)

ECM ECM 1819/20 András Schiff, Miklós Perényi 'Ludwig van Beethoven: Complete Music For Piano And Violoncello' (2004)
ECM 1819/20 András Schiff, Miklós Perényi ‘Ludwig van Beethoven: Complete Music For Piano And Violoncello’ (2004)

・Review
András Schiff(アンドラーシュ・シフ)のピアノと極上のチェロ。最強タッグによるベートーヴェンのピアノとチェロの為の曲。

この一枚のアルバムで、初期、中期、後期のベートーヴェンをかいまみることができるクロニカルな構成。演奏、録音共に最高品質の一枚。

・Catalogue
ECM 1819/20 András Schiff, Miklós Perényi ‘Ludwig van Beethoven: Complete Music For Piano And Violoncello’ (2004)

・Track list
CD 1
LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATE F-DUR OP. 5, NR. 1
1.I. Adagio sostenuto
2.II. Allegro
3.III. Rondo. Allegro vivace
4.VARIATIONEN ÜBER EIN THEMA AUS HÄNDELS ORATORIUM ‘JUDAS MACCABAEUS’ G-DUR WOO 45(Ludwig van Beethoven)

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATE G-MOLL OP. 5, NR. 2
5.I. Adagio sostenuto e espressivo
6.II. Allegro molto piu tosto presto
7.III. Rondo. Allegro

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATE F-DUR OP. 17 (HORN-SONATE)
8.I. Allegro moderato
9.II. Poco Adagio, quasi Andante
10.III. Rondo. Allegro moderato

CD 2
1.12 VARIATIONEN ÜBER ‘EIN MÄDCHEN ODER WEIBCHEN’ F-DUR OP. 66(Ludwig van Beethoven)

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATE A-DUR OP. 69
2.I. Allegro ma non tanto
3.II. Scherzo. Allegro molto
4.III. Adagio cantabile
5.IV. Allegro vivace
6.7 VARIATIONEN ÜBER ‘BEI MÄNNERN, WELCHE LIEBE FÜHLEN’ ES-DUR WOO 46(Ludwig van Beethoven)

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATE C-DUR OP. 102, NR. 1
7.I. Andante
8.II. Allegro vivace
9.III. Adagio – Tempo d’Andante
10.IV. Allegro – Allegro vivace

LUDWIG VAN BEETHOVEN – SONATE D-DUR OP. 102, NR. 2
11.I. Allegro con brio
12.II. Adagio con molto sentimento d’affetto
13.III. Allegro – Allegro fugato

・Personnel
András Schiff Piano
Miklós Perényi Violoncello

ECM 1277 The San Francisco Symphony Orchestra, San Francisco Symphony Chorus, Edo De Waart ‘John Adams: Harmonium’ (1984)

ECM 1277 The San Francisco Symphony Orchestra, San Francisco Symphony Chorus, Edo De Waart 'John Adams: Harmonium' (1984)
ECM 1277 The San Francisco Symphony Orchestra, San Francisco Symphony Chorus, Edo De Waart ‘John Adams: Harmonium’ (1984)

・Review
1947年生まれのアメリカ人コンポーザーであるJohn Adamsにより1980から1981年に書かれた作品。演奏は1941年、オランダ人指揮者Edo de Waart率いるSan Francisco Symphony Orchestraである。

オーケストラとコーラスを中心とした作品。John Adamsの特徴であるミニマルをルーツとした音楽的要素が強く感じられる。Steve Reich,Philip Glassといった作曲家のそれである。それらの系譜に位置しながら、ダイナミズムや太さを見事に付け足している。重厚で力強い音である。

・Catalogue
ECM 1277 The San Francisco Symphony Orchestra, San Francisco Symphony Chorus, Edo De Waart ‘John Adams: Harmonium’ (1984)

・Track list
JOHN ADAMS – HARMONIUM (FOR LARGE ORCHESTRA AND CHORUS)
1.Part 1 ­ Negative Love
2.Part 2 ­ Because I Could Not Stop For Death – Wild Nights

・Personnel
San Francisco Symphony Orchestra
San Francisco Symphony Chorus
Edo de Waart Conductor

ECM 2211/2212 Ricardo Villalobos, Max Loderbauer ‘Re: ECM’ (2011)

ECM 2211/2212 Ricardo Villalobos, Max Loderbauer 'Re: ECM' (2011)
ECM 2211/2212 Ricardo Villalobos, Max Loderbauer ‘Re: ECM’ (2011)

・Review
エレクトロニカの世界でよく知られるベルリンを拠点に活動するDJ兼作曲家Ricardo VillalobosとMax LoderbauerによるECM Records 音源のリミックス作品。

サンプル素材はChristian Wallumrød, Alexander Knaifel, Louis Sclavis, John Abercrombie, Bennie Maupin, Arvo Pärt, Wolfert Brederode, Paul Gigerなどの記載あり。(今の私のリスニング体験では、このサンプルはあのアーティストのあの曲からだ、といった判別ができていない。以下曲目に情報があるので、参考にしてほしい。)

音としては、まさにアンビエントでありエレクトロニカであり、ミニマルミュージック。ECM Records の音源をリミックスするにあたり、相性の良さそうなジャンルである。

ポイントはサンプル由来のシリアスさ、荘厳さが失われておらず、緊張感のあるサウンドになっている点だと思う。音の処理も、隙間が活かされ、空間の広がりも感じることができ、独特な世界観が構築(あるいは再構築)されている。

本作はジャズが好きな方、そしてそこを少し外したECM Records のリスナーにとっては新たな音楽体験となるだろう。しかも二枚組のヴォリューム。なお本作はManfred Eicherがスーパーヴァイズで参加している。面白いプロジェクトだ。

・Catalogue
ECM 2211/2212 Ricardo Villalobos, Max Loderbauer ‘Re: ECM’ (2011)

・Track list
CD 1
1.REBLOP(Christian Wallumrød, Ricardo Villalobos, Max Loderbauer)
2.RECAT(Max Loderbauer, Ricardo Villalobos, Christian Wallumrød)
3.RESVETE(Alexander Knaifel)
4.RETIMELESS(Max Loderbauer, Ricardo Villalobos, John Abercrombie)
5.REEMERGENCE(Max Loderbauer, Miroslav Vitous, Ricardo Villalobos)
6.REBLAZHENSTVA(Alexander Knaifel)
7.REANNOUNCE(Ricardo Villalobos, Louis Sclavis, Max Loderbauer)
8.RECURRENCE(Wolfert Brederode)
9.REQUOTE(Max Loderbauer, Christian Wallumrød, Ricardo Villalobos)

CD 2
1.REPLOB(Max Loderbauer, Ricardo Villalobos, Christian Wallumrød)
2.RESHADUB(Ricardo Villalobos, Max Loderbauer, Paul Giger)
3.REBIRD(Max Loderbauer, Ricardo Villalobos, Paul Motian)
4.RETIKHIY(Alexander Knaifel)
5.REKONDAKION(Arvo Pärt)
6.RENSENADA(Ricardo Villalobos, Bennie Maupin, Max Loderbauer)
7.RESOLE(Alexander Knaifel)
8.REDETACH(Arve Henriksen, Christian Wallumrød, Max Loderbauer, Ricardo Villalobos, Tanja Orning, Gjermund Larsen)

・Personnel
Ricardo Villalobos Electronics
Max Loderbauer Electronics
Cassy Voice

ECM 1575-80 Keith Jarrett ‘At The Blue Note’ (1995)

ECM 1575-80 Keith Jarrett 'at the Blue Note' (1995)
ECM 1575-80 Keith Jarrett ‘At The Blue Note’ (1995)

・Review
本作は3日間に渡って行われた6セットのライブを余すことなく6枚組で納めた作品である。アウトテイクなし、いわば音のドキュメンタリーのようなものだ。これをかければすぐにブルーノートに飛んでいける。一日中流していても全く飽きない。

ライナーノーツにはKeith Jarrett (キース・ジャレット)によるテキストが記載されている。是非、本作を購入し読んでもらい文章だ。

ニューヨークタイムスの批評はこうだ。

‘Jarrett makes each new note sound like a discovery … The music whispered and glimmered, seeking a pure, incorporeal song.’
New York Times, June 6, 1994

次のように訳せる。

「ジャレットは新しい旋律をあたかも発見であるかのように響き渡らせる。純度が高く、実体を持たない歌を探し求めながら、音楽は囁き、煌めいていた。」(1994年6月6日 ニューヨークタイムス)

各ソースから本作品に関する参加メンバーの発言を拾ってみる。

僕と同じように、ゲイリーとジャックは若いころ、ずっとスタンダードを聴いて育った。スタンダートは僕たちにとって、いわば第2の自然体みたいなものになっている。僕たちはこのスタンダードを、僕たちに与えられた共通言語として全て分かち合っているんだ。
Keith Jarrett (キース・ジャレット)「音楽の全てを語る」より

 

スタンダードをプレイする時に、その本質をいきいきと表現することは容易ではない。とても難しい。ただ単にスタンダードをプレイすることは簡単だけれどね。曲の内側に入って音楽をプレイする。これがキースやジャックや私が試しているやり方だ。何よりも先に、まず曲の内側に入り込んでしまう。
Gary Peacock (ゲイリー・ピーコック)

・即興について

聴き手としての人間んびこれほど深いところで触れることのできるのは、インプロヴィゼーションにおいてだけだ。他のものは全てある程度へだたりがある。ある人間が、まったくのゼロからその場で演奏しているのを君が聴くということは、君がその人間に触れているということだろう?どんな言葉より、ずっと深いふれあいだ。1音1音、全ての音がその場で、聴いている時に決定されて弾かれているのだから。
Keith Jarrett (キース・ジャレット)「音楽の全てを語る」より

最後にこの言葉で締めくくろう。

音楽が開いた世界は、私の世界でも私のものでもない。ただ、共有するために扉が開かれているだけだ。

・Catalogue
ECM 1575-80 Keith Jarrett ‘at the Blue Note’ (1995)

・Track list
CD 1
1.IN YOUR OWN SWEET WAY(Dave Brubeck)Keith Jarrett, Gary Peacock, Jack DeJohnette
2.HOW LONG HAS THIS BEEN GOING ON(George Gershwin)
3.WHILE WE’RE YOUNG(Alec Wilder)
4.PARTNERS(Keith Jarrett)
5.NO LONELY NIGHTS(Keith Jarrett)
6.NOW’S THE TIME(Charlie Parker)
7.LAMENT(J.J. Johnson)

CD 2
1.I’M OLD FASHIONED(Jerome Kern)
2.EVERYTHING HAPPENS TO ME(Matt Dennis)
3.IF I WERE A BELL(Frank Loesser)
4.IN THE WEE SMALL HOURS OF THE MORNING(David Mann)
5.OLEO(Sonny Rollins)
6.ALONE TOGETHER(Arthur Schwartz)Keith Jarrett, Gary Peacock, Jack DeJohnette
7.SKYLARK(Hoagy Carmichael)
8.THINGS AIN’T WHAT THEY USED TO BE(Mercer Ellington)

CD 3
1.AUTUMN LEAVES(Jacques Enoch, Joseph Kosma)
2.DAYS OF WINE AND ROSES(Henry Mancini)
3.BOP-BE(Keith Jarrett)
4.YOU DONT KNOW WHAT LOVE IS / MUEZZIN(Gene De Paul, Keith Jarrett)
5.WHEN I FALL IN LOVE(Victor Young)

CD 4
1.HOW DEEP IS THE OCEAN(Irving Berlin)
2.CLOSE YOUR EYES(Bernice Petkere)
3.IMAGINATION(Jimmy Van Heusen)
4.I’LL CLOSE MY EYES(William Reid)
5.I FALL IN LOVE TOO EASILY / THE FIRE WITHIN(Keith Jarrett, Jule Styne)
6.THINGS AIN’T WHAT THEY USED TO BE(Mercer Ellington)

CD 5
1.ON GREEN DOLPHIN STREET / JOY RIDE(Keith Jarrett, Bronislaw Kaper)
2.MY ROMANCE(Richard Rodgers)
3.DON’T EVER LEAVE ME(Jerome Kern)
4.YOU’D BE SO NICE TO COME HOME TO(Cole Porter)
5.LA VALSE BLEUE(Robert Wilbur)
6.NO LONELY NIGHTS(Keith Jarrett)
7.STRAIGHT, NO CHASER(Thelonious Monk)

CD 6
1.TIME AFTER TIME(Jule Styne)
2.FOR HEAVEN’S SAKE(Elise Bretton, Donald Meyer, Sherman Edwards)
3.PARTNERS(Keith Jarrett)
4.DESERT RUN(Keith Jarrett)
5.HOW ABOUT YOU(Burton Lane)

・Personnel
Keith Jarrett Piano
Gary Peacock Double-Bass
Jack DeJohnette Drums

ECM 1510 Kim Kashkashian, Dennis Russell Davies, The Hilliard Ensemble, Stuttgarter Kammerorchester ‘Giya Kancheli: Abii Ne Viderem’ (1995)

ECM 1510 Kim Kashkashian, Dennis Russell Davies, The Hilliard Ensemble, Stuttgarter Kammerorchester 'Giya Kancheli: Abii Ne Viderem' (1995)
ECM 1510 Kim Kashkashian, Dennis Russell Davies, The Hilliard Ensemble, Stuttgarter Kammerorchester ‘Giya Kancheli: Abii Ne Viderem’ (1995)

・Review
どの曲も大作。一番刺さったのが、アルバムのタイトルにもなっている2曲目のABII NE VIDEREM。繊細さとダイナミクスがないまぜになって進む大作である。演奏陣もほぼ最強と言っていい。Giya Kancheliのオリジナリティと素晴らしさを思い知る作品。

・Catalogue
ECM 1510 Kim Kashkashian, Dennis Russell Davies, The Hilliard Ensemble, Stuttgarter Kammerorchester ‘Giya Kancheli: Abii Ne Viderem’ (1995)

・Track list
1.MORNING PRAYERS(Giya Kancheli)
2.ABII NE VIDEREM(Giya Kancheli)
3.EVENING PRAYERS(Giya Kancheli)

・Personnel
Kim Kashkashian viola
Natalia pschenitschnikova alto flute
Dennis Russell Davies conductor
The Hilliard Ensemble
Stuttgarter Kammerorchester

・Website
Dennis Russell Davies http://dennisrusselldavies.com
Stuttgarter Kammerorchester https://stuttgarter-kammerorchester.com